☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

おひっこしー

https://minakuma.wordpress.com/

ここへ引っ越します
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2015-09-23_14:55|page top

5本目★

ひっそりと続けている「Gremz」への参加。

記事を投稿すればするほどブログパーツ上で苗木が育ち、
大人の木になると実際にGremzのスタッフが植林してくれるというもの。
なかなか自分ではできないし、
ブログを書いているだけで植林活動に貢献できるというのは嬉しい。

私は今回で5本目!
1368666396_00157.jpg

自分の貢献した分が実際にどこに植林されたかとかも分かるし、
植林活動の内容もグリムスの「スタッフブログ」にて見ることができる。

これからもひっそりと続けていけたらいいな(・∀・)
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2013-05-16_09:18|page top

うーん、、難しい。

「子供は泣くさ」 物議醸した“搭乗マナー”問題、つんくや乙武さんの発言に共感の声多数

マンガ家・さかもと未明が搭乗した飛行機で起こしたクレーム騒ぎの一部始終を記した記事を受け、ネット上では現在、同様の場面に遭遇した著名人たちの経験談が注目を集めている。

 話題となっているさかもとの記事については既報の通り。泣き止まない乳児と同じ飛行機に搭乗したさかもとが、その泣き声に耐えられず、航空会社にクレームを入れるまでの一部始終を記すことで「搭乗マナーや機体の工夫について、議論すべき余地はまだまだあるはず」と問題提起したが、ネット上では反対に、さかもとの行為に対する批判の声が殺到していた。

 この記事を受け、ネット上では自身の見解を示す著名人らの声が各方面から上がっている。脳科学者の茂木健一郎氏による「1歳の赤ちゃんのふるまいを、コントロールできると思っている大人がいることが信じられない」とのコメントや、弁護士の落合洋司氏が「気持ちはわかるが赤ちゃんが泣くのは仕方ないのでは。昔から、泣く子と地頭には勝てぬ、いうくらいで」などとTwitterを通じて発言したことは前記事ですでにお伝えした。

 音楽プロデューサーのつんくも、自身の公式Twitterでこの話題について言及した1人。自身もさかもとと同様の場面に遭遇したことがあるというつんくは、「15年前飛行機で離陸から着陸まで泣いてた赤ちゃんのママと目が合った。『すいません。疲れてはるのに居眠り出来なかったでしょ』って。『いえいえ、2時間泣いてたこの子が一番がんばった。エライエライ』って言ったらママさんが涙しはった。今ならこのママさんの涙の意味がわかる。子供は泣くさ」と、経験談をつづるとともに、「うちの女房もすごく気にして子供が泣かないように気を使う。それでも泣く時は泣くしね。公共機関なんで分かち合うしかないよねって言いながら飛行機乗ってます」とつづった。

 また、スポーツライターの乙武洋匡さんも、自身の公式Twitterを通じて「うーん、僕とは相容れないなあ」とコメント。乙武さんもまた、似たような場面に遭遇した経験があり、その当時のエピソードを2006年6月に自身のブログにつづっている。

 いたずら盛りでたしなめても聞かない幼児を連れて搭乗している母親が、周囲の乗客に「すいません、すいません」と謝っている姿を見ながら、乙武さんは幼い子どもを連れた母親の気苦労について思いを巡らせると同時に、分別の付かない小さな子どもたちに「公共の場では、周囲の迷惑にならないように」という大人のルールを強いていることに、「何だか『申し訳ないなあ』と思った」という。大人が快適に過ごすためのルール。そのために、口で言い聞かせ躾けることが可能な年齢に達していない幼児に過度なストレスを強いていることに思い至った乙武さんは、「結局、大人が我慢するか、子どもに我慢させるのか、という話だと思うんです」と選択肢を示すとともに、「これからは、我慢、我慢。我慢というか、その光景をほほえましいと思える大人になりたいな」と、さかもとがとった行動とは相対する考えを示している。

 我慢――。かつて日本人の美徳とされたこの行いが、どうやら今回のさかもとの行動にほんの少し足りなかったようだ。


—+*゚。*。゚*+—+*゚。*。゚*+—+*゚。*。゚*+—+*゚。*+— —+*゚。*。゚*+—+*゚。*。゚*+—+*゚。*。゚*+—+*゚。*+—

うーむ。
これは正直難しい問題だよね。
子供を乗せて飛行機を使わなければ行けないときはあるだろうと思うし、
子供も小さければ泣いてはいけない理由は分からないだろうし。
自分が小さい時気圧の変化で耳が痛くなって泣いた記憶だってある。
それは分かっていても私も飛行機で泣くコはほんとにイライラするし。

言葉が分かるコが近くで泣いていれば注意したくなるのも私は分かる。
それはもう親の問題な気も私はするから。
でも、バギー?赤ちゃん?マークのある席に座っていて、
その子供が泣いているのはきっとしょうがなくて、
そこは他の人が嫌なら避けて座ればいいのではないかと思う。
今はたいてい席を選べるのだし。

もちろん、子供が小さすぎて泣く可能性が高いって分かっているのなら
夜行便に乗らないようにしたりとかもちろん親として出来ることもあるかもしれない。
やっぱり夜行便って寝ようと思ってる人が多いだろうから、
そういう時間は考慮してもいいかなと思う。
もちろん、そこしかとれなかったとかはあるとは思うし、仕方ない時はあるとしても。

ほんとに嫌ならビジネスとかファーストとか子供が座れない席にすればいい。
エコノミーしか買えないなら文句は言えないとも若干思うし。
(だからせめて席は離して予約するとか←私はこれ(^〜^;))

子供がいなければ分からないとも思うし…
今は私もなんで子供乗ってるんだ…ってイライラするけど、
自分に子供が出来たらやっぱりまた全く違った視点を持つと思うし。
どっちの意見もその人の立場に寄って変わる。だから難しいと思う。
子供基準に全てを考えるのもそれは子供がいる人/子供が好きな人の勝手だとは思うし。
凄くいいレストランは子供の出入りを禁止するわけだし(私はこれ凄く賛成)。

これで正しいとか間違ってるとか正直判断しにくいんじゃないかな。
どうなんだろ。私には批判されるのも賛成されるのもわかるな(^〜^;)
comments(2)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2012-11-24_19:57|page top

難しい。

ペット救助に一時帰宅…県は「立ち入らないで」
(読売新聞 - 04月03日 02:27)

福島第一原発事故で避難指示が出されている20キロ圏内の自宅に、ペットを残したまま避難した飼い主らが、餌やりなどのために一時帰宅するケースが目立っている。

 飼い主からの依頼を受け、動物愛護団体やボランティアも、ペットの救出に乗り出しているが、福島県は「避難指示区域となっている以上、絶対に立ち入らないでほしい」と呼びかけている。

 「自宅に猫を置いてきてしまったんです。どうしていいのか……」

 被災地でペット救助を行う動物愛護団体に、福島県浪江町から避難したという女性から涙声で電話が入った。電話を受けた男性スタッフは、飼い主の女性と待ち合わせ、車で半径20キロ圏ぎりぎりの所にある女性宅に向かい、愛猫を無事、保護した。男性スタッフは「飼い主にとって、ペットは心の支え。亡きがらになっていたとしても、この手で抱きしめたいと思う」と話す。保護された猫は、同団体が管理する県外の施設まで運ばれ、そこで面倒を見てもらうことになった。

 震災以降、同団体には、一時避難の際に自宅に残してきたペットの保護を求める電話がひっきりなしにかかってくる。救助要請の件数は既に100件を超え、犬や猫など60匹以上のペットを保護した。飼い主の中には、警備の目を盗んで20キロ圏内の自宅に戻り、ペットを連れ出す飼い主もいるという。


*******************************************************************************************

危険だとは分かっているし、帰ってはいけないのもきっと理解できる。
でも、同じ状況にいて自分のペットをそのままにしておけるかと聞かれたら
私も警備の目を盗んで連れ出すと思う。

この状況で人間優先になるのは当たり前だし、
しょせんペットなんて関係ない人にはただの動物かもしれないし、
避難させたところで彼らに与える食料があるかも保証はない。

ただ、責任を持って飼いましょうって言うのに
こういう状況ではペットは避難させなくていいっていうのはちょっとおかしいと私は思う。

私は東京にいるから一番困ったのは
きっと地震のあった日に会社から歩いて帰らなくちゃ行けなかったことだけで。
それくらいの被害と呼べるかどうかもわからないレベルで済んだけど、
うちのワンコは相当怖かったのかちょっとおかしくなった。
誰からも離れず、夜も1匹では寝られない日が続いた。
それくらいペットも怖かった地震。
放射能のことなんか理解も出来ないで、
今飼い主と会えずにいるペットのことを考えると心が痛い。
好きで置いてきたわけではないのに
置いてきてしまっていると罪悪感を感じずにはいられないであろう飼い主たちのことを考えても心が痛い。
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2011-04-03_15:11|page top

ある意味良かったけど

新宿での殺人予告の犯人が捕まったみたいだね。
犯人はやる気もなかった殺人予告で一生を台無しにしてしまった中学生の少年。
バカだね。
もうそれしか言うことはない。

↓↓↓

<威力業務妨害>ネットに通り魔予告 中3少年逮捕…警視庁
(毎日新聞 - 02月12日 11:43)

インターネット掲示板にJR新宿駅前で通り魔事件を起こすと書き込んだとして、警視庁捜査1課は12日、横浜市の中学3年の少年(15)を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。少年は「1人でやった。どれぐらい騒ぎになるのか見てみたかった」と容疑を認めているという。「予告」を受け、警視庁は約80人態勢で警戒。ネットなどで知った約500人のやじ馬が集まったが、大きな混乱はなかった。

 逮捕容疑は、今月6日夕、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSi」を使い、インターネット掲示板に「2月11日午後21時ぴったりに新宿駅ハイウェイバスの入り口あたりで通り魔を起こす。死にたくない人はゲームに参加しないことだな!!」などの文書を投稿し、バス会社や警察などに対応を強いたとしている。

 捜査1課は、IPアドレスからゲーム機を特定。11日午後4時半ごろ、川崎市内の電器店内で自分のゲーム機でネットに接続している少年を発見したという。少年は大阪行き深夜バスのチケットを持っており、騒ぎを見た後に大阪に逃げようとした可能性があるという。

 書き込みでは、3人で事件を起こすとしたうえで、「1人は車で通行人に突っ込み、残りの2人はナイフで通行人を殺す」とも記していた。08年に起きた秋葉原無差別殺傷事件を意識してあおった可能性もあるという。【袴田貴行】
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2011-02-12_18:54|page top

気をつけるに超したことはないでしょう

こんなニュースを発見。
本当だったら嫌だし、気をつけたいものです。
無差別とか一番たちが悪い。

以下、原文をそのままRocket Newsから(クリックすると記事に飛べます)
↓↓

インターネット掲示板に、新宿で無差別殺人をするという犯行予告が書き込みされ、物議をかもしている。犯行予告の書き込みは複数されており、2011年2月11日午後21時ぴったりに新宿駅で無差別殺人をすると予告している。犯行予告している人物の書き込みは以下の通り。

・犯行予告している人物の書き込み
「2011年2月11日午後21時ピッタリに新宿駅(前、新南口だったところの階段の降りてハイウェイバスの入り口あたり)で3人組で通り魔を起こす。死にたくない人はゲームに参加しないことだな!!」

「必ず実行する。アキバより多くの人が死ぬだろう」

「3人組で通行人を殺すんだよ!! 楽しみだ!!!!!!」

「当日は一人は車で通行人に突っ込み、残りの2人は通り魔てナイフで通行人を殺す」

「本番当日もここに書きこみするからな!! 実況中継はできないが、殺る1時間ぐらいまえまではここにくるかもな!!!」
(引用掲載ここまで)

この人物はほかにも「プロフィール 29歳、27歳、30歳ってとこだな。男3人組だぜ!! あとは捕まった時に分かるだろう」とも書き込みしている事から、無差別殺人をしたあとに逮捕されるのを覚悟していると思われる。

「犯行に及ぼうと思ったきっかけを教えてください」という他のインターネットユーザーの問いかけに対しては「簡単にいうとただ人殺しがしたかったから」と返答している。

職業を聞かれた際は「職業はpcをやること」と返答していた。「まじやめろよ」など、考えを改めるよう説得されても「やめない!!!!」とやる気満まんまんだ。

犯行予告がされている2011年2月11日は祝日の金曜日である。新宿にショッピングや遊びに出かける人も多いと思うが、いつもより注意をして行動したほうがいいだろう。この書き込みが嘘だったとしても、非常に許されない行為である。容疑者が早く捕まればいいのだが……。

Theme:気になったニュース
Genre:ニュース

comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2011-02-09_19:52|page top

中国への行き方

知り合い数人がfacebookでやっていて、クスっと笑ってしまったので共有!

まずは、Google Mapを開いて
出発地と目的地を入れる↓
Picture 2

そうするとこんな結果が↓
Picture 1

ルートを確認すると・・・(画像はルートの一部を抜粋したもの)

Picture 3

・・・・( ´ ー `)

何かおかしいよね?(笑)
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2010-11-30_23:28|page top

こんな時期か

1256519034_07896.jpg1256556649_06897.jpg

カボチャに顔をつける時期がやってきたんだなー
もうハロウィンで仮装することもないんだろうな。
2年連続悪魔系の仮装したけど他のものにもなってみれば良かったと今更思ったり。

ていうか、もう制服を着ると完全に仮装になってしまうのって悲しいね。
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2009-10-26_21:33|page top

大好き

P1120706 copy

P1130826 copy

P1150543 のコピー copy

大好き。
世界でたった1匹の私のパートナー。
近くにいれなくてごめんね…
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2009-07-16_23:02|page top

おおぉ?!

意識してなかったけどエコバッグっていう単語を使ったからか
リスザルの親子がgremzに出現

1242041607_07131.jpg

結構かわいい(*´ェ`*)♪
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2009-05-11_21:17|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。