☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

テーマバトン

manaにテーマを考えてもらったよ
そのテーマはずばり…「象」

■Q1■PCもしくは本棚に入っている『象』
パソコンにはいっぱい入ってるさ
上野のアジア象たち、Omaha zooのアフリカ象たち、東山動物園の象
私の象のぬいぐるみの写真・・・ etc
本棚の上には虹色の象のぬいぐるみ、
象の筆箱(汚れるのがイヤで使えない)、
そして友達に書いてもらった象の絵(プレゼントだったのだ)が飾られています

■Q2■今妄想している『象』
妄想常に上野の象たちのことは考えているけど…
それも妄想なのかな

■Q3■最初に出会った『象』
見ただけであればきっと幼稚園のときとかに動物園に行ったとき。
でも、ちゃんと間近で見たのは去年の夏の上野動物園でが最初かな
一番最初に触れたのはダヤー、乗ったのはスーリアだった

■Q5■あなたにとって『象』とは??
最初は大きさと形が好きだと思っている大好きな動物程度だったけど、
今は象に関わる仕事を真剣に考えているくらい思い入れの強い動物。
アフリカとかアジアの人間と象の対立をお互いにいい方向にできるようにしたい。

■Q6■最後にバトンを回したい人とテーマ
やりたい人いたらテーマ考えるよ~~
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2006-01-31_23:07|page top

トイレ騒動。

めちゃくちゃ恥ずかしさの残ることを今日してしまいました。
ちなみに何も漏らしてないからね。

学校にいくつかトイレがあるけど、初めて使うトイレ。
我慢しすぎで結構緊急だったため、
のマークを即座に見分け、もちろん女の方に入ったつもりでいた…
ところが、
そこにいた人は洗面器に向かっていたんだけど、
なんか後姿とか髪の直し方とかの感じからして
男性。

…間違えたっ
と思って「I'm sorry」と言い残しその場を去った…
で、マークをもう一回確認。

・・・ん
明らかにマークはこっち→女

ということは…
女の人を男性だと勘違いし、無意味に謝り、出てきた私…。
あまりにも恥ずかしすぎてそのトイレにはもう戻れなかった…。
そしてわざわざ遠くのトイレを使いました…
そのせいで微妙にクラスに遅れました…

そして疑問。
あの女の人のこと傷つけたちゃったかな…
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-30_23:55|page top

不快。

今日、バスの中でfreshmanらしき男子集団と一緒になった。
そんな彼らの会話があまりに衝撃的というか、なんか聞いてて悲しくなることだった。

うちの大学で理系であれば絶対必須である
BIOS101(生物のクラス)とCHEM109(化学のクラス)の2クラス。
人によっては凄く簡単なのかもしれないけど、
大抵の人が情報量もやることも多いし、難しくて苦しむクラスたちである。
人によってはこのクラスについていけなくてfreshmanのうちに学部を変えてしまう・・・

彼らが話していたのはこのクラスについて。
一人がBIOS101もCHEM109も簡単だと言い放った。
その発言だけ聞くと、めっちゃ苦しんだ私としてはすげぇーーーーって感じだった。
だけど、彼の言っている簡単は授業の内容のことではなかった。
カンニングのことだった。
CHEM109では普段のlectureの他にrecitationという復習のクラスもある。
たいていどの科目でもreciのクラスでは毎週クイズがある。
彼らは普段自分の出ているクラスではないクラスに1回出て、
そこでクイズを貰いそのクラス内では出さずに
あとで解いて、その後の自分の本来のクラスに持っていって出すと言っているのだ。

しかも、BIOS101で一番苦しむべき実験のクラスについても、
Internationalの隣に座れば楽勝という発言。
そして違う男子はそれはどのクラスも同じだと付け加える・・・。

散々そんな話をして、男子達は「クラスなんてカンニングしたもの勝ち」
みたいな発言をしてバスを降りていった。。。
なんかめちゃくちゃ悲しくなった。

私はめちゃくちゃそのクラスで苦労して、教科書とかもめっちゃ読んで問題解いて…
それでもCHEM109にいたってはAなんかとかけはなれている成績だった。
生物も凄く悪かったわけではないけどどうしてもAいかなくて履修した。
同じようにいっぱい苦しんでそれでも納得のいく成績をとれなかった人っていっぱいいると思う。
自分が努力した分あとで報われるのはたしかだから私は苦しんだことは良かったと思う。
あの実験のクラスを取ったから簡単に感じるクラスもあるから。
あのクラスに比べればラクじゃんって自分に言い聞かせられるから。

カンニングしていい点とっても後々困るのは彼ら。
それは分かってる。
junior・seniorになればきっとどこかでバレるのも確か。
だけど、みんなが人一倍頑張っている中で、
何もしないでいい点取ってるやつらがいると思うと悲しい。
しかも「Internationalの隣に座れば楽勝」
ふざけるな。
Internationalができるという印象を与えるのは、
英語が出来ないというプレッシャーがその科目の内容以外にもあるからだ。
そのプレッシャーが辛くて、アメリカ人に混ざってついていくのが辛くて
みんなめちゃくちゃ頑張るからだ。
アメリカ人が1時間かかったいうものがあればこっちはその3倍はかかる。
そうやってみんながツイテいかなければというプレッシャーと戦って頑張って得たものを
さも当たり前のように思われて簡単に奪われるのはなによりも凄く悲しいと思った。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-27_22:55|page top

苦手なこと。 

今、考古学のクラスを1つ取っている。
そのクラス、セメスターをかけて毎週4人1組のグループが1組づつプレゼンをしていく。

あんまりプレゼン好きっていう人とか聞いたことないけど、
私はほんとに死ぬほど嫌い・・・
人前にたつのも好きじゃない私・・・。
好きじゃないけど平気っていう人とか本当に羨ましいと思う。
こっちに来て2年は経つけど、唯一慣れないものかもしれない。
将来的にも慣れないといけないことなのは分かっているんだけどね…

とにかく、そんなプレゼンが考古学のクラスであるから
どこかでやらなければいけない。
イヤだから後回しにするか、先に終わらせてしまうか…
普段なら結局どうしても最初の方にやる勇気がなくて後回しにして
他の人と更に比べたりして緊張して死亡するというのがパターン化している私だけど、
今回は勇気を出していちばん最初にやりますと手をあげた。
それが先週の木曜の話。
そして1週間が経った今日、さっそくプレゼン本番
やっぱりかなりの早口になるし、声は明らかに震えてるし、手も足もガクガクしてた
プレゼン自体は無事に終わったしもうやらなくていいし良かったんだけど・・・

ほんと自分ダメだなぁ~
どうしたらしっかりとプレゼンできるようになるんだろう…
経験っていうけどさ、毎セメ必ずどっかであるし結構もうやったよ
それでも渡米してすぐに受けた語学研修の時とレベルは変わってない
どうすればいいのかな…。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-26_21:14|page top

Intelligence vs. Sexual ability

今日のUSA TODAYの新聞でおもしろい記事を発見した
題名は「Trade-off for bats: Breeding Vs. brains」というもの。
どんな内容かというと、コウモリの♂は生殖器が大きいほど脳が小さいというもの。
逆に生殖器が小さいやつは脳が大きく、その分かしこいとのこと。
IntelligenceかSexual abilityか…。
天はニ物を与えずとはこのことなのか

この記事はコウモリを中心に書いているけど、
これは他の動物でも同じようなことが見られているらしい。
人間もそうだったりしてね
ありえないとは言えないと思うんだよね。
人間だって動物じゃん。
だとしたら、コウモリの場合はSexual ability優勢の方がよさそうだけど、
人間だったら最後に選ばれるのはIntelligenceだよね。

私のリサーチを一緒にやっている教授はコウモリ専門の人だったりする。
教授にももちろんこの記事の話をされたわけなのだけど・・・
彼女も人間にもあてはまるんじゃないかなぁなんて言っていた。
そして言われたのは、
「ボーイフレンドを選ぶときはsexual abilityの優れてない人の方が将来性があっていいわよ」
だった…
そして彼女は「私の旦那もそうだもの」と笑顔。
なんか旦那さんのことほめてるんだかなんなんだか…

まぁそんなわけで女性のみなさん、そんな男性の見極め方もあるらしいよ
そして男性のみなさん、自信がないことは悪いことじゃない…はず
女性が最後に求めるのはIntelligenceだしね
comments(0)|trackback(-)|にゅーす*あにまる|2006-01-25_23:56|page top

無条件バトン

■1 無条件でトキメク○○な人3人♪
一緒にいて楽しい人・おもしろい人→男女問わずコレ大事よね
優しい人(てか、気を使える人)→やっぱり優しくされると嬉しいから
(異性なら)紳士的な人→バラとか渡されたらついていきます

■2 無条件で嫌いな○○な人3人
自信過剰な人→上には上がいるから…
辛い気持ちをやたらと言いふらす人→みんな辛いの言わないだけだから…
空気よめない人→読めよ…

■3 無条件でお金をかけられる○○を5個
象グッズ→気付くとレジに並んでる
アンパンマンチョコ→大好物たぶんこれで誘拐されます
ご飯→食べるなら美味しい物が食べたい
お気に入りの文房具→ちなみにHI-TEC-Cの0.4のペンたち
(知る人ぞ知る)ハチおじさん

■4 無条件ですきな○○を3つ
動物→こぶたさんと同じです 
寝ること→時間さえあれば常に…
食べること→やっぱコレは大事でしょ…

■5 無条件でバトンを受け取らせる人5人
じゃー…Martha、aiko97,ミナ、cmhjaa、カオリ、マィマィ
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2006-01-25_23:06|page top

ああああぁ(>д<)

何気に日本から帰ってきてからもちょっと体重が減って、
やったぁ~と思ってたんですよ。
RECとかも定期的に行き続けてるし、今学期はダンスまでしてるし…
食生活も結構気をつけてたりして。
頑張っているわけですよ。
まぢで。
なのに・・・
お腹が空く…。
ほんとに異常なの。
食べまくってるの…。
このままじゃほんとに全て無意味になる…。

最悪。

もうほんとどうやったら食欲を抑えられるの・・・
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-24_22:37|page top

え・・・?

今日受けた授業の一つでGuest Lectureとして環境についての話をきいた。
それはそれはいい話だったと思う。
簡単なことを変えるだけでも随分違うのよ
数字とかも見せてきて、工場とかでもこれだけの薬品とかが無駄にならず、
川に捨てられずにすんだのよと力説するおばちゃん。
なんかそれは当たり前だよね
と思っても案外出来てないかもなんて反省したりしながら聞いていた。

そしてその時間が終わったあとのおばちゃんの行為が私には謎だった。
レクチャーしながら飲んでいたペットボトルを普通のゴミ箱に捨てた…
いや、捨ててるだけいいのかもしれないけど・・・
さんざんリサイクルだとかの話を力説しておいて普通のゴミ箱に捨てるの
簡単なことから直していくんじゃなかったのか
あなた担当者なんでしょ
結構ためになったなぁ~とか思いながら聴いていた私には衝撃だった
レクチャーを受けた建物にもリサイクルのためのゴミ箱があるの知ってるし…。

そもそも、ペットボトル、電池、カン、新聞の分別は見たことあるけど、
少なくてもリンカーンでは燃えるゴミと燃えないゴミを分別しているのは見たことない。
全部一緒に捨てる。
最初は寮だからかと思ったけどどうやらそうではない。
マックとかに行っても日本では燃える・燃えない・飲み残しと分かれているのに、それすらもない。
なんか工場でどれだけリサイクルしたとかも大事かもしれないけど、
もっと身近なところからアメリカ(リンカーン)は環境について考えるべきなんじゃないの
なんて思った授業となった。

こんな簡単なリサイクルができないリンカーンの人たちに日本をしたに見られてると思うと
なんだかガッカリ・・・
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-23_22:57|page top

家庭部復活?!

私はその昔、柄にもなく家庭部に所属していた。
3年のときにいたっては名ばかりの副部長だったりもした。
そんな私の過去の料理の腕はというと…
1.カステラを作ったら緑になった…  (混ぜている段階では普通の色でした)
2.葛餅を作ったら固くて食べられなかった…」(見た目は美味しそうでした) 
3.バナナグラタンを作ったらお腹を壊した…(これは見た目も終わってた…)
4.ソーメンを茹でるのに失敗…(食べられるものではなかった…)
5.ご飯を炊くのに失敗…(全部がかたまって固くなって食べられる部分がなかった…)
などがあげられる。

そして、今日私の大好きな先輩2人に誘われ、料理とお菓子作りをした
全ての材料を分量通りに量り、混ぜて、オーブンに入れて…
出来上がったケーキは微妙に陥没していたけど、
半分に切って、スポンジとスポンジの間にクリームとフルーツを挟み、
さらに全体をクリームでカバーし、再びフルーツを乗せると、
陥没具合がちょうどよかったらしく凄くオシャレなかわいらしいケーキの出来上がり
家庭部だったみんな、私にだってお菓子作れたよ








そんなわけはありませんでした…
クリームもフルーツも最高に美味しかったし、
クリームと食べてる分には非常に美味しかったんだけど・・・
スポンジが苦かった。
しかもかなり・・・。

なんで
どの材料を合わせたって苦くなることはないと思うんだけど
やっぱり家庭部で謎の失敗をしているのも、
誰も失敗しないようなことをするのも、私の能力なのか

で・でも、カレーはすっごく美味しくできたの
大量の量をたいらげ、さらにおかわりまでしてしまった

・・・しかし、もっと料理できるように頑張らないといけないなぁ…

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


私信:
こぶたさん、amicableさん今日はほんとに色々お世話になりました
めっちゃ笑って、とーーーーーーーーーっても楽しく、充実した1日でした
また集まってケーキのリベンジでもしましょう
その時は私についているであろう謎の失敗をする能力がなくなっていることを願っています…
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*食べるコト大好き|2006-01-21_22:54|page top

CASANOVA

casanova-casanova-9949974.jpg

CASANOVAという映画を見てきました
顔が良くて女好きで女遊びの激しいCASANOVAという男性が本当の恋を見つける話。
でも、好きになるのはCASNOVAのような男が大嫌いな女の人。

この映画はCASANOVAが本を書きながら昔を思い出しているという設定。
おのGIACOMO CASANOVAという人は本当にいた人物らしく、
実際にも本をいっぱい出している人。
その人の生涯がどんな感じかを本をもとに再現していったんだろう。

私は彼の生きていた時代(1725-1798)の作品って服とか町の感じとかを見てるだけで好き
上の写真のCASANOVAの格好が好きなの
(NEW YORKの恋人のヒュー・ジャックマンの格好系)
だからそれだけで個人的には非常に点数の高かった作品。
内容はもちろん読めちゃうんだけど、
ただのドラマではなくてかなりのコメディータッチでそこがまたGOOD

あと個人的におもしろいと思ったのは、
CASANOVAの出身地であるベニスが舞台であるということ。
昔私はベニスに家族旅行で行って、すごくきれいな町だったのを覚えている。
過去に行った場所の中でもまた行きたいと思うとこの一つである。
そこにいかにも昔からあるんだろうなぁ~という大きな広場があるのだけど、
そこが映画の中に出てきて懐かしさにひたってた
(あそこで鳩に襲われたなぁ~って・笑)

ベニスでは年に1回だけみんなが仮面をかぶるお祭りがそこの広場で行われる。
仮面はこんな感じ…↓
italy_8.jpg

私がベニスに行ったときにうちの家族はそんな一大イベントがあるなんて知らずに行って、
たまたま行った日にちがそのイベントとかぶった。
あれはホントに夢の中にいるのかというくらいキレイ。
みんなが昔のドレスや服みたいなのを着て、マスクをつけて歩いてる。
あれもベニス旅行ではかなり印象深かったものの一つ。
それをまた映画で見れたのは凄く嬉しかった

個人的な思い入れが強いから私は好きなのかもしれないけど、
ほんとにいい作品だったと思う。
ベニスに行った気分や、夢のような恋愛を味わいたい方にはお勧め
comments(0)|trackback(-)|世界観を広げる*しあたー|2006-01-20_23:11|page top

ムーミンバトン♪

なんかこぶたさんとamicableさんやってるの見たらやりたくなったから・・・パクリました

ムーミン占い
(↑押すとみんなも出来るよ)

私の結果は…ムーミンパパ

ムーミンパパさんは、いつも明るくて愛嬌たっぷり。にぎやかな場所が好きで、人に注目してもらいたいタイプですから、小さい頃はおマセさんだったかもしれません。今は頭の回転が速い、機転の効く人になっているのでは。いつもニコニコしているのですが、実は結構な毒舌家で、人が言いにくいことをズバリと言ってのけるのもあなたの特徴です。中身はなかなか辛辣なのですが、明るくカラリとした口調で話すので、不思議と後味の悪さはありません。逆にグループのご意見番として、重宝されていることでしょう。しかし、こうした人付き合いの良さが、あなたのお財布を苦しめることもしばしば。計画的にお金を使うことが、ラッキーを呼び込むポイントになりそうです。

みなこさんの自慢は、大食いなことです!

だってさ。
笑顔で毒舌はあってるかもね
てか、自慢できること大食いってどういうことだぁ~~~
確かに自慢できることってないけど…大食いは違う・・・と思いたい…

ちなみに私の今日の運勢は9位…12位中だからかなり下の方
しかも、「変な関西弁使ってみて」とアドバイスされてる…
・・・変な関西弁って何
しかもどこで使えばいいの
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2006-01-20_23:05|page top

ハウジングのおばちゃん

うちの大学の寮には各フロワーに廊下に掃除機をかけてくれたり、
トイレやお風呂場を掃除してくれたり、
水のみ場を毎日ふいてくれているハウジングのおばちゃんがいる。
このおばちゃんたちがいなかったら今頃生徒は変な病気で死んでいると思う。
うちのフロワーのおばちゃんの名前はNIDZAさん。
国籍がアメリカじゃないらしく、英語はそんなに話せない。

NIDZAさんは私が今の部屋に2年前に引っ越してきたときからフロワーを担当している。
きっと私がくる前からずっと担当しているベテランさんなのだろう。
NIDZAさんは最初こっちから話しかけないと挨拶とかも全然してくれなくて、
すごく無愛想な人だと思ってた。ほんと無表情だったし
でも、最近私のしつこい挨拶のおかげか会ったら笑顔で「Hi」と言ってくれるようになった
些細なことだけど私の中ではほぼ2年かけて築き上た関係。
卒業するまでにはもっと話してもらえるようにもっと話かけるんだ

そんな関係がようやく最近築けてきたのに、
今日私は彼女のきれいにした廊下に、彼女の目の前で水をこぼしました…
水のみ場でコップに水入れて、部屋に帰ろうと思ったらコケたの…
凄く謝って、ふいたほうがいいよねと聞いたけど、
「水だから大丈夫よ」と笑顔で言ってくれた…
あとで確認したら跡は残ってなかったし大丈夫だけど、すっごい罪悪感
NIDZAさん…嫌わないでね…
ああぁ…私ってバカだ…
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-19_22:53|page top

日本のこと。

今日の授業中、Land Ethicについて話した。
土地を使う際にそこの住んでいる草、土、動物…全てのものをどう考えるかというもの。
ようするに土地と人間との関係について。
そのLand Ethicの原因となるものは何かというものを考えているときに
国によって土地・生き物に対する考え方が違うからという理由で、
教授が「文化や宗教」というものをあげた。

そこで、このクラスの唯一のInternational Studentである私に当然注目が出るわけで。
「土地を使う際にどれだけそこに住む生物について考えるのか(保護など)」
ということを聞かれた。
私には「アメリカと同じようなものだと思う」としか言えなかった。
自分の国のことなのに全く分からなかった。
同じクラスをとっているアメリカ人たちは凄く自分の国や州のことについて物凄く知っている。
アメリカ人じゃない私にはそんなことわかるわけない。
それは自分でも大学からの知識しかなくてしょうがないとある程度諦めがつく。
でも、日本のことは?
周りの人が自分の州のことを知っているように知っていなければいけないのではないか?
凄く自分が情けなくて悲しかった。

前にもビジネスのクラスなどで日本はどうなの?という質問を受けたことがあって、
そのときも答えられなかったのを覚えている。
でも、そのときは自分の専門分野じゃないしと思った。
日本ではこの分野が進んでいないからと思ってアメリカに留学しにきて学んでいる。
実際に「野生動物学」というものを扱っている大学は日本にはない。
でも、そんな偉そうなこと言う前に、
せめて自分の分野くらい日本ではどうなのかということを
ちゃんと知らないといけないと思い知らされた。

私は今まで何をしていたんだろう?

もっと日本についても勉強しよう。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-18_21:57|page top

掃除機かけました!!

実は、火曜日に授業のない私は今日もお休みでした
4連休~~~
で、気分が非常によかったため、頑張って掃除機かけた
何ヶ月ぶりかねぇ~…
いやぁ~まぢで汚かった…
ちょっと掃除機動かすだけで
ジャリジャリジャリッ・・・って音が
その音が消えるまで何往復もさせたよ…軽く腕が疲れた
あと、たまっていたお皿やコップもちゃんときれいにしました
これでまたしばらく何も心配することはないっ
はっはっはーーー・・・
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-17_22:53|page top

ちゃくちゃくと準備中☆

うちの大学では日本人と日本に興味をもっている外国人たちで立ち上げている
Global Friends of Japan(GFJ)というorganizationがある。
そしてこのGFJでは年に1回日本の文化を紹介するイベントが行われる
今年は2月の半ば。
そのための準備が専修から始まっている(幹部の方々は先学期から準備してたけど)。
今回、私が参加するのはTap DanceとSkitの2つ。
Tap Danceはすでに体がついていかずにかなり遅れ気味(ごめんね、みんな)
そしてSkitの方は今回なんと小学生役…
去年見苦しくも制服姿で高校生やって、やっぱりキモイからもうやらないと思っていたのに・・・
さらに若い役をやってどーする
まぁでも身長で決められたからどうしようもない…どうせ155cmしかないし
でも、実はランドセルを背負うことがとっても嬉しかったりする
なんでって帰国子女である私はイギリスにいるときにランドセルなんか背負うわけもなく、
日本に帰ってきたのも小学校高学年の終りの方で
小学校の方からもったいないから買わなくていいですよと提案され、
中学に入ってからはもう完全に無縁なわけで、
結局人生でランドセルを背負ったことが一度もない。
大学生になってから背負うのはどうかと思うけど、これで一度は背負うことになる
しかも、味わえなかった日本での小学生時代をこんなところで体験できるとは
そういう意味では楽しみではあるけど、、、
やっぱり小学生役はどうかと思う…キモイし、軽く公害じゃんね

自分のダンスも役も果たしてどうなるんだかという感じだけど、
やっぱり1年に1回のイベントだからちゃんとやりたいな
イベントまであと1ヶ月くらいしかないけど、みんな頑張っていいものつくろうね
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-16_22:12|page top

Chronicles of Narnia

Narnia.jpg

Chronicles of Narniaを見てきた
見る前は気持ちバカにしていた作品。
また規模だけ大きくてまとまりがないんだろうなぁと思っていたわけです。
でも、そんなことはなかった
本読んだ人が見たらハリポタみたいに足りないっていう人もいるのかもしれないけど、
個人的には本を読んでないから、
本を読んでいなくても楽しめる作品だったというのは凄くよかった
しかも、さすがDisney、手を抜いてなくて素晴らしかった
動物の動きも文句なし
結構いいファンタジーだったからぜひみんなも見てみてくださいな
comments(0)|trackback(-)|世界観を広げる*しあたー|2006-01-15_23:14|page top

色バトン☆

1.自分を色に例えると?
オレンジとか黄色って元気な色を例えられたら嬉しいなって思う。
でも、よく言われるのは緑だから緑なんだと思う。

2.自分を動物に例えると?
必ず小動物と言われる…
過去に言われたことあるのは、
ちょこちょこしているからハムスター。
臆病だからってチンチラ。
太っているから豚とか…

3.自分を好きなキャラに例えると?(漫画や映画何でも可)
バイキンマン
バイキンマンは私の永遠のヒーロー
幼稚園の頃、大きくなったらバイキンマンのところに弟子入りしようと思ってた。
今でもいるものなら弟子入りしたいけどね
イタズラするの大好きです

4.食べ物に例えると?
えーーーなんだろ
彼に聞いたらアプリコットと言われたのでそれで。
でも、何故にアプリコット

5.次にまわす人を色でたとえると?
amicableさん→しっかりとしている私の憧れる部分で赤、人のことを凄くおもいやる部分で白。
          だから、あたたかみのあるピンク
ケイジさん→実は優しくて人が好きという部分でピンク。
        でも、ひねくれものの部分が青なので、合計してムラサキ
alien→虹色。alienだもん、一色ではあらわせない
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2006-01-15_23:03|page top

またまたオマハ♪

うちの大学にはInternational Affairs(=IA)といういわゆるInternational Studentを支えてくれている機関(?)がある。
IAでは定期的にNebraskaやアメリカを知ってもらおうというコトで
Nebraskaのどっかや、他の州へのTRIPが提案される。
今日は、そんなIAの企画したOMAHA TRIPに参加してきた
というのも、私はIAのCultural ambassadorというのをやっているから。
(結局何もせず、役立たずに終わったのだけども)
参加しているメンツは全員international。
ヨーロッパから来た人、アジアから来た人…ほんと軽く世界一周できそうだった
それだけInternational集まってると異様ではあったけどね

最初はリンカーンとオマハの間くらいにある公園でアイススケート
ほんとは馬に乗りたかったんだけど、冬はやっていないとのことで断念
また春になったら馬に乗りにいくんだ
アイススケートも充分楽しかったんだけどね
前回Kansas Cityでスケートしたときも思ったけど、子どもたちの動きは凄い
ぶつかりそうとか思ってもすぐにヒョイって感じで何事もなかったようによけていく…
それにビックリしてこっちの方が倒れそうだった

アイススケートのあとはモールへ
何も買わなかったけど雑貨屋さんをみているのは楽しかったぁ
変な調味料とか料理道具売っているお店では
こぶたさんととで美味しくなさそうな試食をジャンケンで誰が試すか決めたり…
たしか味はWasabiなんちゃら…とにかく美味しくなさそうだった…

夕飯はオマハの昔ながらの雰囲気が漂うOld Marketというところで食べた。
前ココに行ったときに雑貨屋さんでかわいいなぁと思っていた
人間のおやじ風ハチの置物をGETしようと思ったのに…売り切れてた
実はこのハチおじさんの置物、かなり前に友達の誕生日プレゼントとして送った。
(ね、あやん)
でも、やっぱり自分でも欲しくなってしまったんだよね
誰も賛成してくれないけど…めーーーっちゃかわいいんだからっ
かわいすぎてヤバイので今度写真載せたいな

IAの企画だから集団行動とかだったらイヤだなと思っていたけど、
それぞれの場所でかなりの自由行動ができたから素敵だった
次回はもっとcultural ambassadorとして役にたちながらこういう企画に参加したいものだけど…
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-14_23:51|page top

デートバトン☆

Q1:デートの時、相手が理由もなく1時間遅刻。その時のあなたの一言は?
連絡があったなら普通にカフェで待ってるよ。
連絡がなくて怒ってても結局はちゃんと待ってる…
だって結局は会いたいし…。

Q2:デートの時、相手が有り得ない服装。その時の一言は?
「なんか不思議な格好じゃない」とか、
「もっと○○の方が私は好きだなぁ」と変な部分をさりげなく指摘
あまりにも変なら「その格好おかしいよ」と素直に言ってしまう

Q3:デートの時、相手が携帯ばかりいじってて、その時のあなたの一言は?
「なんか用事あるの」と素直に聞く。
または無言で不機嫌になる。

Q4:ご飯を食べて、会計に行こうとした時に相手が「ちょっとトイレに行ってくるから先に行ってて!!」どうします?
え、それは時間もったいないし先にいく。
そして相手の分を計算して待っている

Q5:相手の人とお揃いの携帯にしたい!!とか思ったことありますか?
アクセとかならお揃い欲しいと思う
でも、携帯は別にいいかな。

Q6:付き合ってまだ1ヶ月。親に紹介して欲しいと相手に言われたらどうする?? その前に私が紹介しているかもね。

Q7:大好きな人から結婚を申し込まれました!即返事が欲しいって。あなたはなんて答える?
それ今言われたらの話
それだったら「今は普通に無理だから、数年後に同じこと聞いて」と答えます。

Q8:バトン回す5人。
りののん、まりあ、あやん、tantan、きみっこ
よろしく~~
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2006-01-14_22:02|page top

リサーチ再び!

今学期も前学期に続き、教授のもとでリサーチやってます
リサーチ内容は前学期に引き続いているからとくに問題はないんだけど、
今日はちょっとドキドキで研究室に行ってきた。
なぜなら、私のやっているU-careというリサーチは1年終わると2年目が申し込める。
その内容は1年目の引き続きでもいいし、全く違う内容でもいい。
私が今やっているのはどう頑張っても1年で終わるから2年目には持ち越せない。
そこで私が気にしたのは果たして教授が2年目も違う計画で私のリサーチをみてくれるかというもの。
すっごいドキドキで教授に聞くと「もちろん」と言ってくれてホント嬉しかった
そして教授に2年目も見てもらえると喜んでいたところに
更に、
「今度は近くの動物園で働くのをリサーチとしてあげるわよ」と嬉しいお言葉
私にはほんとにめちゃくちゃおいしい話
動物園でインターンする+それに対して研究内容が与えられる+収入あり
ほんとにおいしすぎる

2年目のリサーチが始まるのは来学期と少しまだ先の話。
でも、今からとっても楽しみだぁ
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-13_22:40|page top

野生動物による被害

今日、Wildlife Damage Mangementという授業で野生動物の起こす被害のビデオを見た。
山猫が人々の住んでいるところにやってきて人に噛み付いたとか、
鳥の糞でゴルフ場がめちゃめちゃになっているとか、
鹿によって自分の育てている作物が食べられてしまうとか、
道に飛び出してくる動物と車との衝突事故…etc
それに対する対処の仕方も見た。

こういう野生動物のによる被害の問題って凄く難しい問題だと思う。
内容は同じだったけど私たちは考え方の違うビデオを2つ見た。
一つは、対処することは大切だというもので、
もう一つは対処するのは動物虐待だというもの。
どちらが正しいんだろう?

やっぱり農場を経営している人はそれで生きているし、
鹿に食べられたりするのは問題だと思う。
それに商品である羊や牛が山猫に食べられるのも大きな問題。
山猫はまり人間には攻撃しないとはいうものの実際には人減が襲われる被害がでてる。
怪我ですんだ人もいるけど死んでしまった人たちもいる。
こういう被害がある限り、人間としてはやっぱり近くにいてほしくない。
自分の生きるために追い払ったり殺したりするのも分かる。

ただ、被害を起こしていない動物が被害を起こすだろうと予測された上で殺されているのも事実。
何もしなかったかもしれないのに殺された動物達は無駄な死をとげている。
それに、もともと動物たちが住んでいた場所に人間が色々作っているのも事実。
場所がなくなった動物たちが住む場所がなくなって
エサを探しに人のいるところに出てくるのは間違ったことではない。
生きるためにしていることだから。
それを勝手に人間が迷惑だとかで追い払ったり殺したりするのは間違っているようにも思える。

実際授業でも発言したことなんだけど…私はこう考える。
人間だって動物だし、もし自分の農場がその人の縄張りだと考えるとそこに入ってきた部外者を追い出そうとするのは動物の本能だし、正しい。
逆に動物が他の動物を襲うことも他からエサを奪うことも本能だし、正しい。
力のあるほうが土地もエサも得る。それが自然の法則。
だから人は農場に被害があったのなら自分のエサと縄張りを守る能力が足りなかったといこと。
たとえ武器を使ってでもそれは人間が自分たちで作り出したものだから能力の一つとして考えていいものだと思う。だからその武器たちに殺された動物達は自分を守る能力が足りなったということ。
動物に殺された人間だってそう。自分を守る能力が足りなかったからしょうがない。
基本、弱肉強食なんだと思う。人間だってその一部。
人間は頭のよさからいけば特別かもしれないけど、結局は哺乳類に分類されている動物。
対処することは人間の縄張りを守るための手段であり、能力。
だから対処することは間違いではないと思う。
それで死んだ動物達は私たち人間という動物に勝てる能力を持っていなかっただけ。
ただ、それを破って人を襲い、土地を荒らすのは動物達の生きるための能力。
それを後から動物がいないほうがいいというのは間違っていると思う。
うちらは何も特別じゃない。
自然の一部なんだから縄張りを取って取られるのは他の動物と同じ。
生きるために殺しあうのも他の動物と同じ。

それが私の考え。
絶対人によって意見は様々だけどね。
一応、野生動物学専攻なのでたまには真面目に書いてみた。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-12_21:58|page top

ドーナッツ教授

先学期、生態学の授業をとっていた私。
その教授に変に気に入られていた私。
そして会うたびにドーナッツを渡してくるその教授…
1回目は授業中、
そしてそのあとはキャンパス内(ちなみに田舎キャンパスの方)で出会うたびに…
会うのは必ず食堂から彼が出てきたあと。
(=つまり彼が食堂からドーナッツをたくさんパクッたあと)
まぁそんな教授の授業は今セメはないし、もうドーナッツを渡されることはないと思ってた。
あまかった・・・。
今学期もイーストキャンパス(田舎キャンパス)での授業の多い私は
授業の合間に食堂へ向かって歩いていた。
そのときにすっごい遠くから「Minako~」と叫ぶ声が…
先学期でさよならしたはずの教授がドーナッツを抱えて走ってきた
そして笑顔で「はい、ドーナッツ」と手渡してきた…。
いや、嬉しいよ、気に入られているのは…
私自身、その教授の授業はおもしろかったし、教授も好きだけど…
でもね、会うたびにくれなくても…
しかも・・・私ドーナッツあんまり好きじゃないんだよね・・・
あとね、私DIET中なんだよね…
甘いものは避けたいんだけどなぁ…なんて思ってみる。
(すっごい横周りの大きい彼に渡されるとなおさらね…こうなるのかと思ってしまう)

授業時間の関係上、今学期その教授とは週3回会う危険性がある
果たしてどうやってドーナッツから逃げるか…
今学期の大きな課題となりそうな予感
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*夢に近づくために|2006-01-11_21:51|page top

時差?

こっちに帰ってきてから毎日7時か8時には眠さの限界がきて寝て、
次の日の朝6時に起きるという生活が続いてる。
ただただ授業がイヤで現実逃避したいがために眠いのか、
時差なのかわからないけど、
とにかく眠い…

それでは今日ももう寝ようと思います
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-10_19:50|page top

やっぱりここはネブラスカ

今日から春学期開始
期待はするけどやっぱり新しい学期は結構不安だったりする。
今学期の授業はほとんど全てがEast Campus(通称田舎キャンパス)である。
そしてとっている授業は全部Natural Resoruce系。
どの授業も今日は初日だからどんな授業になるのかということしか話さないラクな日。

今学期私のとっている授業の1つにwildlife damage managementという授業がある。
ようするに自分の農場に鹿が入ってきて作物を食べちゃうとか、
高速に出てくる鹿のせいで毎年死んでしまう人が多いとか、
モグラによって農場をあらされるとか…
野生動物が人間に加える害の対処法を考えたり学んだりする授業。
ネブラスカは農場が盛んな州で、授業をとっているほぼ全員家で農業をしている。
だから教授が「1人ずつ野生動物にあった被害を言ってみなさい」と言ってきた時、
みんな鹿、ウサギ、リス、モグラ、アナグマ、オポッサム…etcなどの例をあげた…
(ちなみに私は東京ではカラスが害となっていると言ってみた…)
そして一人が発言するごとにみんな大きくうなずく…。
いや、でもね、私はうなずけないよ
オポッサムとか一生に野生でなんて1回しかみたことないし(もちろんこっち来てから)、
馬飼っているのが当たり前のように話すけど、私は馬なんて飼ったことないし、
アナグマにいたっては野生でなんて1度もみたことないし…
みんな何の話してるのって感じ。
そしてその話題が終わったあと、
車に乗っていていままで何回鹿にあたったことがあるかという話題へ。
クラスのあちこちから「1回」とか「3回」とか「8回」とか数字が飛び交う…
いや、みんな自慢げに話すけど…危ないから
それにそんなに鹿と車があたるとか普通じゃない…
ネブラスカでは普通なんだよね…
留学してから日本とアメリカの生活の違いで何度もビックリしてきたし、
鹿とかオポッサムとか色んな野生動物がいることも知っていたけど、
こんなにも日常生活に野生動物が関係している人達がいることに久しぶりに物凄くビックリした

ちなみに他の授業もこんな感じで、
mountain lionについて熱くディスカッションしたクラスもあった…。
興味はあるし、おもしろそうな授業たちではあるけど
毎授業で軽くカルチャーショックを受けそうな学期だ…
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-09_21:49|page top

これがネブラスカ。

明日からの授業に備えて教科書を買った
また今学期もおもしろくなさそうな教科書がズラリ…ああぁ…

その作業が終わったあとは
友達の家をまわり、日本からのお土産を渡してきた
みんな非常に喜んでくれてよかったけど、
彼のホストファミリーの人に日本のおせんべいっぽいクッキーをあげたら
「Fortune cookieみたいだ」って…
そんな安っぽいものと一緒にするなぁ~
てか、味違うし
ネブラスカの人に日本の美味しさなんてわからない。
それは分かっていたからもとからそこまでいいお菓子は選んでないけど…
だけどFortune Cookieはひどすぎる
次回はもっとお土産のレベルを落とすことに決定

お土産渡しが終わったあとは
なんせ授業始まる前日なのにカフェテリアはやる気なくお休みだから外食。
アメリカンなものを食べようとファーストフードへ
そこで私はフレンチディップを頼んだ。
たいていフレンチディップは簡単な料理だからどこで頼んでも外れることはない。
なのに・・・
激マズ。
これからまた半年このネブラスカという州にいることに多大なる不安を感じる私なのでした。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-08_18:48|page top

無事到着☆

なんとか無事にリンカーンに戻ってきました。
乗り継ぎもチェックインもかなりスムーズにいったからよかった
ネブラスカは雪で大変なことになっているのではと思っていたけど
そんなことは全くなく、
むしろ日本よりも暖かいかんじでビックリ

さぁ~明日は教科書を買いにいって月曜からの授業に備えなければ…
ああぁ…鬱。
これからまた日本へ帰るための半年間のカウントダウンをはじめないと…。
comments(0)|trackback(-)|ねぶらすか*らいふ|2006-01-07_23:47|page top

日本最終日☆

明日、リンカーンへ戻らないといけません。
ということで今日は日本最終日{びっくり}
(夏もまた帰ってくるけどね・笑)
特に特別なことはしていないけど、夕飯は私の好物に母がしてくれた{ラブ}
お母さんありがとぉ~~{音符}

今回の滞在は結構おもしろかったと思う{笑顔}
12月はひたすらに友達と遊び、お正月の期間は基本家族と過ごせたから
バランスよく時間が使えて本当によかった{笑い}{音符}
自分には遠くにいるというブランクを感じさせない家族や友達がいるということが幸せです{クローバー}
それをなんだかいつも以上に感じた休みだったような気がする{笑顔}
私自身もっともっと成長して、私に幸せを感じさせてくれる人たちに
私が幸せを提供できるようになりたい{笑顔}
人生の目標の一つかな。

私が明日乗り継ぎをすることになっているシカゴの空港は、
今日は雪の影響でどの便も2、3時間の遅れが出ている。
だから結構明日の飛行機{飛行機}のことが心配。
心配といっても、日本に帰る便が遅れそうだったときに比べるとかなり気分ラクなんだけどね{汗}
アメリカに閉じ込められるのはイヤだけど、
日本にいる期間が長くなるのはなんら困らない{びっくり}
さぁ~明日はどうなるのか…

とりあえず、リンカーンに着いたら、または飛行機に乗れなかったら
またブログ更新します{キラキラ}
明日か明後日に更新されていなかったら死んだと思ってね{幽霊}
ああぁ~~…飛行機{飛行機}イヤだ…{困った}
comments(0)|trackback(-)|じゃぱん*らいふ|2006-01-06_23:05|page top

パスポート

パスポートの更新をしたから今日それを受け取りに行ってきた{笑い}
ついに私も大人です{キラキラ}
10年パスポートになった{びっくり}{びっくり}わぁ~いわぁ~い{音符}

でも、これを更新するのは私には結構ヒヤヒヤものだった…{落ち込み}
そもそも日本ついてからすぐに更新しに行ったとはいえ
年末年始の休みを挟むから間に合うのか{はてな}{びっくり}という不安から始まり、
(1月5日には出来るとのことで安心{ダッシュ})、
古いパスポートに着いているビザをどうするの{はてな}{びっくり}という不安・・・
更新する場所で聞いても国によってビザの扱い方は違うからお答えできませんと言われるし{落ち込み}
(先輩方に聞いたところビザに穴が開かなければ大丈夫と聞き安心{ダッシュ})
パスポート受け取りのさいにハガキが必要と書いてあるけど
そんなハガキに心あたりはなくて不安・・・
(直接申請に行くといらないということで安心{ダッシュ})
新しく更新したら当たり前だけど旅券番号が変わって、
それがビザに書いてある旅券番号と違くなることに不安・・・
(同じくパスポートを更新したことのある彼に聞いたら大丈夫とのことだったから安心…{ダッシュ})

変なところで凄く心配症な私は本当に今日パスポートを受け取るまでヒヤヒヤだった{汗}
ほんとに無事更新ができてよかった…{ダッシュ}
これでなんとかリンカーンに帰れそうだ…。
comments(0)|trackback(-)|じゃぱん*らいふ|2006-01-05_23:06|page top

Disney Sea

に行ってきましたぁ~{笑い}
最高に楽しかった{キラキラ}{キラキラ}
というのも、やたらと運が良かったんだよね{クローバー}
そもそも全然混んでなかったところは本当に最高で、
そのおかげで何をするにもstand byでもほとんどならばなかったし、
ちゃんと夕飯の予約は出来たし、
何かのfast passとったらspecial fast passとかいうのももらえたりして
なんかちょっとしたことだけど凄くついてて楽しかったぁ{ウインク}
しかも{びっくり}
実は過去にSEAの方で普通に歩いているミッキーとかミニーって見たことなかったけど…
今回は見れた{笑い}{キラキラ}
アラビアな格好してて結構かわいかった{音符}
子供と、特にその親の集団が怖くて一緒には撮れなかったけど、
遠くからは撮れたのでなんとなく満足{音符}

Disney Land に行ったときみたいに食い倒れツアーにはならなかったから
2006年さっそく成長したみたい{はてな}{びっくり}
(当たり前とかいうコメントなしね{汗})

とにかく楽しかった1日だった{クローバー}
SEAは歩いてるだけでも楽しいし、自分がどこか違う国にいるような気分を
少し味わえるから素敵{音符}{音符}
comments(0)|trackback(-)|じゃぱん*らいふ|2006-01-04_23:07|page top

映画♪

親と映画を見てきました
1222764~Mr-Mrs-Smith-Posters

見たのは「Mr & Mrs Smith」
なんて…実はアメリカではこの作品夏くらいにやっていてとっくの昔に見てました…
だから今回はリピート。

前回も思って今回も思ったこと。
それは、アンジェリーナジョリーかわいい~~~
アクションのシーンかっこいい
微妙に笑いを入れてるところが素敵
男女の性格をうまぁ~~く現しているとかが良い
と、終わり方がビミョー…(いまいちハッキリした終りかたではないという意味ね)
見てない人にはネタバレになっちゃうけど、
両方の組織に仕組まれたってことは、
あそこの家具売っている店で全員倒してもまた狙われるんじゃないのと思ってしまうわけです。
まぁでもアンジェリーナジョリーかわいいからいいかっ(おいっ)

そして今回新たに思ったこと。
字幕ビミョー…
別に自分が上手く訳せるとかいうわけじゃないから偉そうなこと言えないけど…
なんかビミョーだったよ
映画って、完全吹き替え版と字幕版があるなら何もないオリジナル版を作るべきだと私は思う。
絶対にあの字幕のせいで日本の映画は高いんだ
だったらやっぱりオリジナル版で安く見れるようにするべきだと思う。
最近の若い人は英語できるわけだし、問題ないと思うんだけどなぁ~

映画館は、うちから一番近い豊島園のところに行ってきたんだけど…
やっぱり新しい映画館だったからかかなりいい映画館だった
全席指定で入っても席とり合戦にならないし、
ポップコーンにチョコ味とかあって美味しかったし、
食べ物売っているところも軽くファーストフードみたいで良かった
そしてパンフ&映画のチラシ集め大好きな私としてはパンフが買えたことがホントに嬉しかった
(アメリカにはパンフはありません)
嬉しくてアメリカで見てきたキングコングとハリポタのパンフもしっかりGETしておいた
ああぁ~うれしいぃ
映画館のおねーさん的には3つも同時に買ってて変な人だったんだろうけどね
映画チラシも大量にGET
これでクリアーファイル何個目だろう…軽く分厚いファイル10冊は制覇しているのだけど
生きている間にどれだけ集められてそのうちどれだけ見れるか楽しみだぁ
comments(0)|trackback(-)|世界観を広げる*しあたー|2006-01-03_23:15|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。