☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ぶっちゃけ

ファイナル一個もなくてもうすでに気分は夏休みだったり・・・%83k%83R%8A%F0
うちの学部ファイナルがオプショナルだったり、
ファイナルプロジェクトだけだったりでめったにファイナルないんだよね。
素敵です☆
そのかわりデッドウィークが一番忙しいんだけどね。

まぁみなさんファイナル頑張って%83k%83R%82%E0%82%D3

さぁー・・・まぢでアフリカの準備しなくちゃ・・・
暇になると逆にやらなくなるなぁ
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ねぶらすか*夢に近づくために|2007-04-30_18:32|page top

もういくつ寝ると~♪

あとぴったり一週間でアフリカです☆
まだ準備してないものがいくつか・・・
カメラのメモリ2GBじゃ足りないらしいし・・・(」゜ロ゜)」
早く準備しなくちゃなぁ~・・・
てか、イギリスから日本行きのチケットとらなくちゃ・・・
ロンドンで泊まるところ考えなくちゃ...

あー・・・なんかまだやってないこといっぱいあるなぁ%82%8F%82%92%82%9A
comments(0)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*あふりか|2007-04-29_23:25|page top

Picnic+Alcohol+Game=Party♪

とりあえず何よりも先に弟へ↓
fightはっぴーばーすでぇーーー!!!fight
いや~うちの弟も18歳かぁ・・・なんか信じられないね。
まぁ彼が最後の高校生活1年間を楽しく過ごせるといいなぁと思ってます%8F%CE

。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★*。´・Д・`。*★
そして昨日の話というか今朝までの話というか・・・

Cultural Ambassadorの今学期最後のおつかれさまパーティーを昨日しました%83O%83b
Jakeのアイディアでピクニックに!
朝から降っていた雨が見事に午後に止んでめっちゃいい天気%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8Bになったからホントにラッキーだった!
そして何が良かったって着たのがほんとに仲のいいメンツだけだったこと!
あまり普段から参加してない人とか来なかったから人見知りな私には居心地が良かった%83k%83R%82%E0%82%D3
大量のサイドディッシュと大量の炭酸と大量の肉ですっごいお腹いっぱいになったし!
P1050111.jpg
授業終わってからこの集まりまで時間があったから私もポテトサラダをゴマドレッシングを使って作っていったんだけど、結構好評で嬉しかったnico1
火の付け方を研究中の様子(笑)↓
P1050110.jpg

韓国からの友達、Doheeから韓国語を教えてもらったり、
アメリカ人がサウジアラビアからの人たちにフットボールの投げ方教わってたり、
サウジアラビアからのAmeerの持って来たサウジのお菓子貰ったりして
なんかやっぱ他の文化のことを知るのって楽しいなぁって実感した%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B
こういう時にホントにCAやってて良かったなぁって特に思う。
そしてアメリカに来てよかったって実感する。
日本にいたらこんな交流なかったと思うから。

ピクニックに行ったあとはCAの一人、ミシェルの家に行きみんなで飲み%82%DB%82%C1
ジェイクの持って来た2種類の日本酒をはじめとして、他にも大量のビールとかカクテルちっくなものとかを持ち込んだ。
ビールはアサヒは好きだけど他のはあんま好きじゃないためダメだし、
あまぁーいお酒は全然好きじゃないからダメだしってことで私の飲み物は日本酒。
他の人がウォッカみたいに強くて飲めないっていって飲まないから結果的に一人でほとんど1瓶飲んでしまった・・・%83k%83R%82%A6%81%5B
でもめーーーーーーーっちゃ美味しかった%83k%83R%8A%F0

そして飲みながらみんなでcraniumとかいうゲームをやった!
cranium-board-game-l.jpg
初めてやったけど、このゲームはまる!
基本的にひいたカードに書いてある問題を解いて駒を進めて行くって感じの単純なゲーム。
でもそれが普通の問題を答えるやつだったり、
絵を描いたのをグループの人にあててもらわないといけなかったり、
演技してあててもらったりしなくちゃいけないんだよね(笑)
もうみんなグループの人にあててもらおうと大興奮↓
P1050118.jpg

P1050119.jpg
アメリカのゲームだからたまに常識みたいなこととかなんだろうけど分かんないやつとかあったけどとりあえず笑いが耐えなくてめっちゃおもしろかった!
機会があったらぜひみんなもやってみて!!

結局帰ったの朝の2時半とかだったけど。。。(汗)
来週のファイナルウィークに備えていいリフレッシュの時間だった!
comments(0)|trackback(0)|ねぶらすか*らいふ|2007-04-28_15:01|page top

将来の方向性

今日は今学期最後の授業がある日。
私の最後のクラスは哺乳類学のクラスのラボ。
もちろんラボプラクティカルです。
(今まで見て来た剥製たちがずらりと並べられそれの名前をscientific nameで書く学期末テスト)
なんて素敵なしめくくり・・・

でも、私はこの分野が大好きだから凄い量の名前も結構くろうせずに覚えられたし、
すっごい似てるネズミとかも自分なりに見分け着いたりとかしたからそこまで大変ではなかったかな。
むしろ何を覚えるのも苦労というよりもかなり楽しんだ気がする。
動物の知識が増えていくのが嬉しくて嬉しくて図鑑までとりだして教科書に書いてあることを照らし合わせたりとかまでしちゃったし%83k%83R%96%B0
動物園にいる間は動物みるたびにscientific nameを頭の中に思い描いてたし
骨が(筋肉が)他の動物とはこう違うからこうやって動いてるんだって思ってた。
(ここまでくるとオタクかもね・・・

個人的に自分のメジャーの授業で苦労してるのってなんかその分野があってない気がしてならない。
自分の進みたい道って結局ある程度その道の才能がないといけない気がするから。
私は剥製作りは得意。
動物のアイデンティフィケーションも得意だし楽しいと思える。
動物の体の仕組みを理解するのも得意。
この哺乳類学の授業はそういう自信が着いたクラスだった。
自分の目指しているものが自分には向いてるんだって自信が持てたクラスだった。
私は動物についてなら勉強するのが好きで好きでたまらないから。

このクラスの教授にはあまりにも私が楽しみながらやるもんだから
私には動物園の仕事をするよりも色んな動物を研究できるよーな仕事(museum studies)の方がきっと向いてるよって言って来た。
たしかにその方が色んな種類の動物にかかわれる。
体の仕組みもより詳しく勉強できる。
私みたいに勉強するのが好きな人が動物園の仕事につくのはもったいないってハッキリ言われた。
親を含め私が動物園で働きたいっていうと賛成してくれない人は今までもいたけど
それはその職業をどっかでバカにしているからだっていうのが主な理由。
もちろんそれは動物園の仕事の奥深さを知らない人たちの意見だから気にしなかった。
でも、この教授は同じ動物関係でPHDまでとってて凄く動物関係の仕事を理解している人。
動物園の仕事だって色んな可能性のある仕事として最初から凄く応援してくれていた人。
彼女はそれだけじゃなくて私のことも知っている人。
一緒に研究を2年間やってきて、どれだけ動物が好きかも、私の得意な分野も全て知っている人。
そういう面では親よりも私を理解してくれている人。

そんな人にmusuem studiesを進められるとそっちの方がいいような気がしてならない。
大学院でそれを学んでみようかなってちょっと思い始めたそんな午後。
comments(2)|trackback(0)|ねぶらすか*夢に近づくために|2007-04-27_14:29|page top

Mother fxxkin princess~♪

最近こればっか見てる↓

いやいや、ほんとかわいすぎだから。
あの男の子うらやましすぎね(え?)
まぢかわいい女の子見てるとかなり癒される♪(え?)
てか、彼女がこんなにウキウキ踊ってるのってめずらしいよね?!

そしてこんなものまで発見↓(この歌の日本語バージョン?!)

ねぇねぇあのコはいまいち~♪
ねぇねぇ新しいコが必要~♪って(笑)
なんか日本語なのにストレートな歌詞で新鮮かもね(笑)
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*みゅーじっく|2007-04-26_02:22|page top

刺激☆

すっごい久しぶりにNebraskaに帰ってきた友達と夕飯を食べに行ってきた☆
彼女は同じ日に渡米して来た仲間の一人。

彼女がすっごい成長している姿を見て刺激を受けた。
自分ももっともっと頑張れるって思えた。
やっていることに自信をもっている彼女は輝いてた%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B

こういういい刺激をくれる友達がいる私はほんとにに幸せ者だと思う%82%A8%89%D4

今日はほんとに素敵な時間をありがとう%82%D0%82%DC%82%ED%82%E8
comments(0)|trackback(0)|ねぶらすか*らいふ|2007-04-25_23:00|page top

こんな週だから・・・?

今週からDead weekが始まっています・・・。
昨日は凄く天気がよかったのに、今日は一日中嵐・・・%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B
これはもうキャンパス中の生徒の今の心境を表しているに違いない!

こんな週だからか私が今ハマっている本はコレ↓
人間失格
もともと太宰の作品はどれも好きなんだけどね。
でも、人間失格は未だに読んだことなくて。

まだ半分くらいまでしか読んでいないけど、かなりおもしろい!
というのも彼の人間恐怖症がちょっと理解できるから。
(もちろん私は彼ほど重症ではないし、自殺なんてしたくないし、生きる希望もあるけれど。)
でも、本当の友達を作るのが怖いと書いているのはめっちゃ理解できる。

いやぁ~こんな週に読み始める本かどうかはわからないけど、久々にヒットな本です%83k%83R%82%E0%82%D3
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*みゅーじっく|2007-04-24_00:00|page top

AIDA

aida.jpg

AIDAを見て来た!!
ニューヨークでも見たからこれは2回目だったんだけどね。
舞台の作りとかめっちゃ好きだったけど、
正直ニューヨークで見た時の方がずっと上手だったと思う。
ミュージカルだからほとんどの会話が歌で行われるわけなんだけど
それがなんか特に主人公の二人がただ叫んでいるようにしか聞こえなくて・・・%8F%CE
せっかくいい歌詞でいい曲なのにもったいないなぁって・・・
ミュージカルで歌が叫んでいるように聞こえるのは上手じゃない証拠だとtheatreの授業でならったけど、ほんとその通りだと思った。
本来、どんなに感情的になってて怒りをあらわにしているシーンでも叫んでいるような雰囲気はもちろん出さないといけないけど、
ほんとに怒鳴っているように聞こえてはいけないらしい。
確かにニューヨークでそれは感じなかったからあの時みた人たちより今回はレベルが下がったのかもしれない。。。
最後に舞台の設置の仕方もニューヨークで見た時と違ったような気がするし・・・

私は演じてる人も舞台の感じもニューヨークの方が好きだったからとりあえずなんかがっかりだったsc07
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-04-21_23:12|page top

UNLでもBomb Threat(現在進行形)

All Campus Alert - Friday, April 20, 12:45pm
Othmer Hall received a bomb threat at approximately 12:30pm today. The building has been evacuated as a precautionary measure and the Lincoln Fire Department is on the scene. Please avoid this area until further notice.

The building has been initially searched with no results. A more extensive search is underway. If you feel uncomfortable being on campus this afternoon, you should feel free to leave the campus. Your safety is our number one concern.


というのが現在、うちの大学のHPにのっている情報。
私の午後のクラスがこのビルの隣だからもちろんそこも閉鎖。
当たり前だけど楽しみにしていたフィールドトリップもキャンセルになっちゃった。
テープは張られ、警備の人は何人もたっていて、パトカーや消防車も何台も…
なんかほんとに自分のいるキャンパスで爆破予告が出ているとか信じられない。

今週月曜日にVirginia Tech.での無差別殺人があってから、
全米のメジャーな大学はほとんどこういう予告が出ているとのこと。
どれも実行されてはいないからイタズラなんだろうけど
(そしてUNLでの今の爆破予告もイタズラなんだろう。)
この事件のあとで、セメスターの終わりの時期だからこそこういう悪質なイタズラが起きるんだろうな…

こんなにも天気のいい金曜日にこんな事件が大学で起こるなんて…なんという休日に始まりだ…ƒkƒR‚¦[
comments(0)|trackback(0)|ねぶらすか*らいふ|2007-04-20_14:46|page top

異国の国へ・・・!

セメスターも終わりに近づいてきて明らかに体長悪そうな人、疲れすぎな人、鬱っぽい人が増えている。
そんな私も最近寝不足のせいか顔色がいつもに比べると悪いらしく
今週は2回とも研究室でお世話になっているトムに「You look dead...」と言われた・・・%82%B0%82%EB%82%B0%82%EB%81%5B%81I
そんなわけで今日なんか「少し日にあたりなさい」とまで言われ研究室に長くいることを禁止された%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
いつもこうだったらマズいけどセメスターの終わりはしょうがないって・・・

まぁそんなわけで今日はちょっと勉強から離れて異国の国へ行ってきました%81H
その国はSaudi Arabia!!
いやはや昨日行くと決めて今日着いちゃうとか素敵すぎ
食事は美味しいし、ほんとに人々は頭になにか巻いてるし。。。

なんて、もちろんそんな所ほんとに行けるわけはない。
でも、Saudi Arabiaの文化をちょこっと体験したのはホント%B7%D7%B7%D7%B7%D7
今日はSaudi StudentsによるSaudi Nightというのがあって、それに行って来たの。
20070420124624.jpg
今年が初めての試みだということは聞いていたから、初めてじゃ大したことはないだろうと正直思ってた。
ところがどっこい会場に入った瞬間から凄く準備できているような雰囲気が漂ってた!
入ってすぐにはSaudiのお菓子(なんかのドライフルーツにナッツみたいなのがついてた)を渡され、
Saudiのコーヒーを飲ませてくれて、
Saudi Arabiaの昔から使っている道具とか服とか紹介してくれて、
さらにはアラビア語で自分の名前を書いてくれた↓!!
20070420124711.jpg
(右から読むと私の名前です

何気に初めて本当のアラビアンな格好をした人を見た気がする。
20070420125941.jpg

ご飯も信じられないくらい豪華だった!
過去に行ったどのculture nightよりも豪華なbuffetだった!
というのも子羊が丸焼きで用意されていたnico1
さすがに頭と足はなかったけど、あんなに原型に近いラムは初めてみた
20070420124830.jpg
ご飯はこれだけじゃなくてさらにビーフとかチキンとかもあって、これがまためっちゃ柔らかくて美味しかった%82%A8%82%CE%82%AF
私、サウジアラビアに行ってもご飯に困ることはなさそうです。

色んなダンスとかスライドとかも見たんだけど、
めーーーーっちゃキレイなところで私の死ぬまでに一回は行きたい国の一つに追加された%8F%CE
(追加されていくばかりで果たしてリストが減ることはあるのだろうか・・・?)

とりあえず本当に素敵な時間を過ごせていい気分転換になった%83k%83R%82%E0%82%D3
明日は午前中に動物園でIntern、午後は哺乳類学の授業でfield tripというすばらしい予定♪
楽しみだ~~♪
comments(4)|trackback(0)|ねぶらすか*らいふ|2007-04-19_22:11|page top

たった一つの失敗作

寮に住んでたって、校内にいたって、どんなに田舎にいたってこういう事件は起こる。
どこにいても最近安全な場所なんてないなぁって思う。
日々いつ死んでも悔いの残らないように生きていかないといけないね。

お気に入りのバンドのある曲の中に、
「人々は神が手作りをしたたった一つの失敗作」
という歌詞がある。

他の人間を殺す人間も、
最初にアジア人ってだけで中国人だと決めつけた人間も、
これでアジアの印象が落ちると心配した人間も、
この事件でほんとにアジア人が嫌いになる人間も、
自分と同じ人種じゃなくてよかったと思った人間も(私は正直ここに当てはまる)
本当に全員失敗作だと思う。

知り合いが日記に書いていたけど、
他の国では毎日戦争で無実の人たちが30人以上死んでいたりする。
それは今回の事件と何が違うんだろう?
自分の国で起こって、しかも違う人種だとどこの国でもそれが世界で一番不幸な大事件とする。
自分を含め、人間ってほんとに自己中でなんかズルい。

さっきの歌詞には続きがある。
「人々は神が手作りをしたたった一つの失敗作だと思えばすぐに過ち許せる」
というのが本当の歌詞。

確かに人間が失敗作ならこういう考えをしてしまうのもしょうがないのかもしれない。
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*みゅーじっく|2007-04-16_23:35|page top

トイレの進化

Technologyの進化ってほんとにめっちゃ凄いと思う。
個人的に特に最近のTechnologyで進化が著しいのはトイレだと思う。
電気とか部屋入れば自動でついて、
トイレも立ち上がれば自動で流れて、
水とか石けんとか手を差し出せば自動で出て来て、
手を拭く髪とかも自動で出て来て。。。etc
ほんと便利だし、他の人が触ったもの触らなくていいとかほんとに衛生的だとも思う。
まぢ凄いと思うんだ。

でもね、それが逆に私の場合困る。
なんでって自動のものってめったに反応しないんだもん・・・%81P%81%A0%81P
もともと自動ドアは開かないこと多いし、
画面押して切符買うのとか全然反応しなくて不可能だし...っていう感じではあるんだけどさ。
トイレに入っても電気は付かないし、
立ち上がってもトイレは流れないし、
水も石けんもいくら手を差し出しても出てこないし、
手を拭く紙とか温風も出てこない...%81L%84t%81M%83g%83z%83z

まだ電気とか水を流すのとかは反応しないため用(なのかどうかは分からないけど)
手動で押すボタン付いてるからいいんだけど
(注。だから流さないで出て来たことはありません。)
水と石けん出てこないのはかなり困る。
トイレに入っている時間よりもセンサーの下で手を振っている時間の方が確実に長くなる...
非常事態(?!)用のボタンないしね?
たまにモールとかだとあまりにかわいそうに見えるのか他の人が手を振ってくれることもしばしば・・・%83k%83R%96%B0
紙とかも人が手伝ってくれるか、温風の場合も他の人が使った後の残りの温風で乾かしたり・・・%83k%83R%82%E0%82%D3

なんでこんなに反応しない体なんだろう?
機械にすら存在を認知されないとかどんなに存在感なにんだろう??
もはや私も地球外生命体なのかもしれない・・・%83k%83R%88%F8
(でも、宇宙人はちゃんと反応するなぁ・・・おかしい・・・)

これからもっと自動の物とか増えて行くこの世界で私は果たして生きて行けるのだろうか・・・結構不安になる。
comments(3)|trackback(0)|らんだむ*らいふ|2007-04-15_16:28|page top

イライラ( `Д´)

ただいまカフェにて来週の色々な行事に備え中。
天気も久しぶりによくなって家から歩いてきたんだけど・・・
ダウンタウンが赤い服をきた人間たちで染まっていた
今日はHUSKERの試合だそうで・・・
やっぱり私には理解できない。
なんでそこまでこのフットボールにこだわるのか・・・
他にすることないのか?!(いや、実際ないんだけど
これだけNebraskaの人間が騒いでいるフットボールだけど
多分、留学してて最も後悔しないものの一つがHUSKERの試合を見ることだと思う。
あー・・・赤い服きてる人を見るだけで腹立ってくる

カフェに入ったら入ったでなにかの撮影やっていて
お気に入りの場所が撮影に使われるからと座れず
この学生がめっちゃ忙しい時期に撮影なんてするなぁ~
大切な勉強場所奪うなぁ~~~~!!!
comments(2)|trackback(0)|ねぶらすか*らいふ|2007-04-14_11:50|page top

ヾ(^Д^*)ノ

終わった終わった終わったぁ~☆
ほんとにめっちゃ緊張してどうしようかと思ったポスタープレゼンが終わった!!
同じメジャーの人たちはまとまった場所でポスターを出しているから
私のように教授のもとについてリサーチをしていた同じメジャーの友達がいっぱいいた・・・
無駄に緊張。
私の所属しているDepartment、School of Natural Resourceの教授たちもわざわざ田舎キャンパスからいっぱい来てそれでまた緊張sc04
このDepartmentは全員が知り合いなんじゃないかって感じだからもちろん教授も全員知り合いで。
一人ずつやってきては「So... Tell me about your project」って・・・
読めばいいだろーって頭なの中で思いつつ一生懸命説明したさ。
みんな凄くほめてくれたけどホントにちゃんと説明できたのかな?

字はさすがに見えないと思うけど、ポスターはこんな感じだった↓
Slide1.jpg
簡単に言えばラボのネズミを野生のネズミの左右対称性を比べたリサーチ(長くなるからこれ以上はやめときます)
このプロジェクトをやるために2年間ほぼ毎日のようにお世話になった教授ももちろん見に来てくれて。
それは嬉しかったけど、全ての内容を知っている彼女にも説明を求められた時はどうしようかと思った・・・
適当なこといってごまかせないしね?
怒られたりはしなかったからどーにかなったらしい。
ガッカリされたけど何も言われなかっただけかも・・・

このプロジェクトは近いうちにJournal of Mammalogyにのります。
前にも教授の名前と一緒にちょこっと名前載ったこととかあるけど、
もしこのプロジェクトがちゃんと載ったら初めての正式なpublicationになる。
私の大学生活の半分をついやしたこのプロジェクトがそういう正式な形になるのは結構嬉しい

自分のポスターでいっぱいいっぱいだった部分もあるけど、
ちゃんと他の人たちのポスターも見て回った!特に知り合いを中心に。
ほんとに色んなメジャーがあって、おもしろい研究が色々あるんだなぁっていうことを凄く実感した。
誰一人として同じ研究なんかしてなくて。
まだまだ人間の知らないことはたくさんあるなぁなんてことも実感。
このポスターセッションで見なかったら考えもしなかったことが見れた。
私と同じよーに長い期間研究してきてそれを発表している姿を見て自分ももっと頑張らなくちゃって刺激にもなった。

死ぬほど緊張してこのセッション中何気に体の震えが止まらなかったけどめっちゃいい経験だったように思う。
(終わったからこそ言えることだけど%82%DB%82%C1
さぁー次の課題はこのリサーチをした教授に大学院の話を持ちかけること・・・悩みはつきないものだね。
comments(4)|trackback(0)|ねぶらすか*夢に近づくために|2007-04-12_19:57|page top

ああああぁぁぁ・・・

明日、リサーチのポスターセッションなるものがある。
毎年たくさんの人たちが自分のやった研究をポスターで発表してて、
たくさんの人たちがそれを見に来る。

2年間かけてやってきた研究を発表しなくちゃいけないのは
研究を始めた時からすでに言われていたし知っていたけど、
ついにこの日が明日に迫っているとは。。。

知っている人は知っているけど、
私はプレゼンテーションとか人前に立つのが大っ嫌い。
頭が真っ白になって何も言えなくなったとかは一度もないけど、やっぱり嫌い。
明日はプレゼンをしなくていいもののやっぱり自分の研究のことを聞かれたら答えられるようにしなくちゃいけない・・・
知らない人がいっぱいなの怖いよ~・・・
ちゃんと自分の研究を何も知らない人に説明できるのかもかなり不安。

ああああああぁ~~~~%82%A2%82%E0%82%DE%82%B5
どーしよどーしよどーしよ%83k%83R%8C%99
comments(4)|trackback(0)|ねぶらすか*夢に近づくために|2007-04-11_13:53|page top

Enchanted April

196487~Enchanted-April-Posters.jpg

Enchanted Aprilという演劇をみてきました
もともとは1922年に本で出されていた物が1992年には映画化されて、さらには2003年にBroadwayになったもの。
今回はそんな有名人が出てる物ではなくて、Lincoln Community Playhouseで小さく再現されたもの。
どーして行くことになったかというと知り合いが出ていたから。
doc46156050da865307063339.jpg
この写真はLincoln Journal Starで記事が載ったときのもの。(記事はここ
写真の一番右に映っているのが知り合いのChetさん。
毎年クリスマスにツリーの飾り付けによんでくれる人です。

話としては、、、↓(wikipediaより)
It tells the story of four dissimilar women in post-World War I England who leave damp and rainy London to go on a holiday to a secluded coastal villa in Italy (Portofino). Two housewives, who belong to the same church but have never spoken, become acquainted. Each in their own way is suffering through an empty marriage and faces the prospect of a lonely and almost isolated middle age. After seeing a newspaper ad for a villa for rent on the Italian Riviera, the women set about finding two other ladies to share expenses. Joined by a beautiful young socialite and an elderly dowager, the four find rejuvenation in the tranquil beauty of their surroundings.

すごく小さなところでやるものだったし、Enchanted Aprilなんて聞いたことなくて最初はあんまり期待してなかったこの劇。
でも実際はめっちゃおもしろい話で、やっぱりビッグになってはいないもののtheatre関係で働いているだけあって上手だった!!
終わったあとにChetさんが劇場の裏側へ連れて行ってくれて、
他の出演者に会ったり、舞台の裏(楽屋?)がどーなっているのか見れたりした♪

今度からLied Centerだけじゃなくてこーいう小さな劇場のも見るようにしようと思った日でした☆
機会があったらぜひ見てほしいと思う作品!

リンカーンにいる人で見てみたいと思う人は↓
When: 7:30 Friday, Saturday, Thursday through April 14 and April 19-21; 2 p.m. Sunday and April 15-22.
Where: Lincoln Community Playhouse, 2500 S. 56th St.
Admission: $20 adults, $10 students with ID. For tickets, call 489-PLAY
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-04-07_22:51|page top

ツーショット☆

ラクダとツーショット☆

P1040860.jpg

ラクダは二頭いて、写真のコはおばーちゃんのチベット。
もう一頭は♂で、名前はカリーフ。
カリーフはまだ若いというのもあるからかチベットに比べて食べるのも早い。
だから自分の分のエサを食べ終わるとチベットのを横取り...(汗)
それを避けるためにチベットには直接エサをあげなければいけないんだよね。
ゆーーーっくりエサをバケツから食べるチベットはまぢでかわいい
comments(2)|trackback(0)|ねぶらすか*夢に近づくために|2007-04-04_17:43|page top

Africa Trip~♪

5月にアフリカへ行く前に今月2回最終確認とかするためにミーィングが二回ある。
今日はその一回目。

今学期の始めに最初のミーティングがあった時、
教授が自分が行った時に撮ったたくさんの写真を見せてくれて
もうその時点から楽しみでしょうがなかった。
でも、やっぱりただ写真を見ているだけでなんとなく自分が本当にアフリカに行くんだっていう実感はなくて。

でも、今日はパスポートのコピーの話とか、
持って行かなければいけないものとか、
地図を見て実際うちらのまわるところを確認したりだとかして
あー本当に自分行くんだなぁって実感した。
ほんとに象とか見れちゃうんだよ?!
ハイエナの鳴き声とかすっごい近くで聞けちゃうんだよ?!
夜出歩いてはいけない理由がライオンに教われるからとかだよ?!

こんな砂漠へ行くし↓
sanddunes05.jpg

seal colonyへも行く↓
furseals01.jpg

お肉も色々食べられるみたいでなんだか濃い経験ができそうな予感♪
まぢでvegetarianじゃなくてよかった。
これらの↓肉が食べられるらしい。
kudu_bild.jpgGemsbok.jpgostrich.jpg
左からKudu, Gemsbok, Ostrich.
他にも色々な肉を食べれるらしい

こういう人たちともかかわれるらしい↓
bushmen_kalahari_safari_botswana_reis1.jpgdiary_namibia6.jpg
左はSanという砂漠に民族で、右がHimbaという民族。
Sanの方は舌で出す音で会話するということだからそれを聞くのが結構楽しみだったり。
フランス語とかを聞くよりもっと理解できないんだろーなぁ~・・・

早く自分で撮った写真でこの日記を書きたいな%82%A4%82%D0
ほんとにほんとに色々な意味で楽しみです。
まずはこのセメスターを乗り越えなくては。。。
普段ならセメスターの終わりは日本に戻りたくてしょうがなくなってるところだけど、
今学期ばかりはアフリカに行きたくてしょうがない!!
comments(2)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*あふりか|2007-04-02_23:57|page top

The Blue Butterfly

blue_butterfly.jpg

Official Site: The Blue Butterfly

Based on a true story, The Blue Butterfly tells the story of a terminally ill 10-year-old boy
whose dream is to catch the most beautiful butterfly on Earth, the mythic and elusive Blue Morpho.
His mother persuades a renowned entomologist to take them on a trip to the jungle to search for the butterfly,
leading to an adventure that will transform their lives.

日本語では「天国の青い蝶」っていう題名らしい。
事実に基づいているっていうのが凄いなって思った。
この主人公の男の子のためにわざわざ熱帯雨林に行ったこの昆虫学者が偉いし、
なんだか自然の凄さとか美しさとかをなんか改めて実感した。
昆虫を中心に熱帯雨林を見ているから色んな昆虫がキレイに撮られているのも見所だと思う。
こんな昆虫もいるんだなぁなんて勉強にもなるし!

かなりお勧めの映画だからぜひ機会があったら見てみてください!!
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-04-01_23:27|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。