☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Ocean's 12

今更ながらOcean's 12を見ました。
oceans12_th.gif

Ocean's 12 official site:
Ocean's 12

もっと人殺されたりしちゃう映画だと勘違いしてたから意外な感じだった。
しかもなんか出てくる人だけ豪華でおもしろくないと思い込んでいたけど結構おもしろかった!!
途中ブルースウィリスとか出て来ちゃったし
順番おかしいけど今度11見てみます。
そしてそのあと13を見に行こうかな。

あー見たい映画がたくさんある!
日本の映画、もっと安くなればいいのにーー!!
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-07-31_23:09|page top

昔の思い出

今日はなんか中学のときのことを色々考える機会が多かった日。

私は中学の時はビジュアル系にはまってて、一番好きなグループはLUNASEAだった。
そんなLUNASEAはいまやもう解散してて。
当時彼らは私にとってとても大きな存在で彼らの歌詞とかによってもかなり気持ちとか左右された気がする。
今でもたまにCDを聞きたくなるのは多分だいぶ影響されたから。
そんな彼らのファンクラブのサイトを今日たまたま見た。
(ちなみにここね→Lunasea official site
そこにはGod blessed youと書いてあるところがあって、
そこをクリックすると数字が出てくる。
今日は28。
友達いわく7月30日満月から8月28日満月までのカウントダウンという説があるらしくて、
その日に再結成するんじゃないかって言われている。
きっと今は前ほど興奮しないかもしれない。
でも、あれだけたくさんの思い出をくれたLUNASEAが復活したらやっぱり嬉しいな

そして今日弟と話をしている時に知ったこと。
gacktがもともと属していたマリスミゼルを抜けて出した第一弾のシングル、
Mizerableがもうどこに売っていなくて凄く価値のあるものになっているということ。
disco_99_MizerableSingle.jpg
私は初回限定のビデオ付きのを買ったからさらに価値があるものなのだとか。

なんだか時代の流れを感じた。
LUNASEAなんて解散してからもう少なくても5年はたってるわけだし。
Gacktなんてこの頃ホントにただのビジュアル系の延長としてしか見られていなくて、周りの友達とかバカにしてた。
それが今は彼はNHKの大河ドラマには出てるし、バラエティーにも出てるし、歌は相変わらずうまいし、
色んな世代から指示される凄い人になってる。
なんとなく意味のない優越感を感じる。
あの頃ビジュアル系が好きだからって少しバカにされていたけど、あの時好きでいて良かったって思えるから。

そして今日中学の時にマトリックスを見に行った日をなんとなく思い出した。

なんか自分の中学時代あっという間にすぎて行ったし、今ではもう7年も前の話だけど
すっごいいっぱい色んな思いでがつまっていたなぁなんて実感した日でした。
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*みゅーじっく|2007-07-31_23:00|page top

燃焼?

朝からフィットネスセンターに行って汗をかいてきました。
やっぱスポーツした後は気持ちいい

受付でバームを売っていたため思わず購入
vaam-ds190.jpg

美味しくはない。
果たして効き目があったのかも謎。
だけど気分的には燃えた気がしたので良しとします。
comments(2)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-29_12:00|page top

めぇ~~~

注意)先に言っておきます。家の家族は食べる事が好きです。

今日、父親が上機嫌で帰ってきた。
話を聞くとどうやら夕飯で食べたフランス料理がめちゃくちゃ美味しかったらしい。

うちの父親は自分が美味しいレストランを見つけると家族を連れていってくれる。
だから、もちろん今度行こうという話になる。

うちのお父さんが上機嫌になるほど美味しかったのはラムだったらしい。
それを聞いた私と弟はふざけて羊の真似をはじめる。
私:「めぇ~~~」
弟:「めぇ~~~」「ばぁ~~~」
そしてこれに父参加。
父:「めぇ~~~~」

このような3人によるバカな会話(?)は日常茶飯事。
それをいつも冷ややかな目で見つめ絶対にふざけないのが母である。
だから今日も彼女から聞こえてくるのは呆れ返ったため息だけ。

注意)もう一度いいます。家の家族は食べる事が大好きです。

そこで父のある一言。
父:「一緒にやってくれないなら一人連れていってあげない!」
母:「めぇ~~~~」
普段ほんとに絶対にのらない母がフランス料理のために鳴きました。

そしてしばらく羊語が家の中を飛び交ったのは言うまでもない。
そして自分のバカな部分はしっかり親から遺伝しているものだと実感した瞬間でした。

家族って素敵。
comments(2)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-26_22:35|page top

帰ってきました

短い広島旅行から帰ってきました!

前から一旅行ってみたかったところだったから本当に行けてよかった!!
いい思いでがたくさん作れたと思う
日本国内ってあまり旅行したことがないんだよね。
だから日本なのに知らない事がたくさんある。

世界もまわってみたいけど日本も全国まわってみたいな
comments(2)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*じゃぱん|2007-07-25_23:41|page top

広島 Day 2

今日はほとんど一日を宮島で過ごした
路面電車でコトコト(寝てた)
そして船でユラユラ(酔った)

鹿がたくさんいた!!!!
たくさん撮った写真の中でこれがベストショットだと思うんだよね☆
眠くて眠くてしょうがなかったみたい(笑)
20070725180550.jpg
なんかココの鹿たちの方が奈良にいた鹿よりも性格がおだやかだった気がしてよかった!!

最初はもちろん厳島神社
時間帯のせいか潮がひいていて大鳥居がまだ海につかってなくてその真下まで歩けたんだよね!
カニとか白サギも見れてよかった!!
写真で見ても素敵だけど本物は本当に最高でした!
20070725174121.jpg
帰る時には海につかっていてそれはそれでとても素敵な光景だった!!
さすが世界遺産

商店街みたいなところでヒロシマンとミヤジマンもゲットできた!
ヒロシマンはこんな感じの戦士たちで、
ui1080973002_3.jpg
私がゲットしたのはラブ&ピースホワイトという白い人。
その敵はカキラというカキを背負ったゴジラみたいなやつ。それももちろんゲットした(笑)
そしてミヤジマンもモミジゴールドとかいうのをゲットしたんだけど、画像が見つけられなかった・・・
とりあえずいい感じで全国の戦士たちが集まっていきます
全国制覇を目指すぞ☆

お昼には穴子飯も食べれたし、それになんとなんとなんと!!
宮島水族館に行けました!!
オフィシャルサイト:宮島水族館
家族に絶対大反対されると思ったけどみんな文句も言わず行ってくれました!
まぢで感謝です。
これでまた日本の水族館を一つ制覇☆
そんなに大きな水族館ではなかったけど私はとても好きだった。
アシカショーは過去に見たどのアシカショーよりもおもしろかったし
スナメリのニコちゃんは窓まで来て笑顔で寄ってくるし↓
20070725175044.jpg
コツメカワウソはせわしなく動いてるのかと思えば突然愛らしい格好で休むし↓
20070725175157.jpg
幸せでした
イベントも多いし、ほんとに凄く楽しめる水族館だったと思う。
もし行く機会があったら行ってみて下さい。
ザリガニ釣りとかも体験できたりするし!

他にも千畳閣にいったりもしたんだけど、ほんと今日は一日宮島を満喫しまくりだった☆
comments(2)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*じゃぱん|2007-07-24_23:54|page top

広島 Day 1

広島にきています
初めての広島です。

ずーっと原爆ドームを見てみたかったんだよね。
朝5時に家族で家を出て、迷いながらも羽田に着き朝8時半には広島に到着。
ということでさっそく原爆ドーム見て、平和記念館見て、広島焼を食べました

原爆ドームは正直一番最初の印象は...「こんなに小さいんだ~」でした。
もっと大きい建物だと思ってたんだよね。
img20060724-094736.jpg
でもなんか聞いていた通りみていてなんだか痛々しかった...

そして平和記念館もこれまた聞いていた通りかなり痛々しかった。。。
人の影が残っているとか、真っ黒なお弁当箱とかなんだか本当に想像できない世界だった。
やっぱりダメです、戦争は。それだけです。
うわぁ~楽しい!!って感じのところでは決してないけども行って良かったと思えたところだった。
実際に体験した人たちの気持ちなんてとうてい理解できないけども
少しだけでもこーいうことが起こったんだっていうのを理解できたと思うから。
日本人としてはやっぱり知っておくべきだよね。

広島焼も初めて食べたけど、あれってそば入れるのって焼きそば入れてるんだと思ってたんだけど
あれってなんかラーメンみたいなの入れてるんだね
おばちゃん知らなかったよ・・・
とりあえずめっちゃ美味しかったです

明日は宮島!たのしみだ~~(´艸`)
comments(0)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*じゃぱん|2007-07-23_22:47|page top

食は医力ー元気になる毎日の食卓

別荘の集まりで同じくクラブの会員である浅野純次さんの話を聞く機会がありました(^^)
彼の話は彼の書かれた本に基づいての話。
その彼の本はこれ↓
90570609.jpg

話を聞いているだけでも凄くおもしろかったけど、この本はめちゃくちゃいい!!
なんか普段の食事を見直そうという気にそもそもなるし、
一つの項目が見開き1ページととても読みやすいから
食事をしながら今自分は何を摂取していてそれがどう体にいいかというのが分かるところがさらにいい!

本当に食事は大事だなって実感する。
そしてこんな食べ物にこんないいところがあったんだ!と発見もできる。
やっぱり健康でいることは一番生きて行く中で大切な事。
そのためには食事が大事。

ぜひぜひみんなに読んでもらいたい本の一つ!
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*どくしょ|2007-07-21_23:49|page top

馬の骸骨

銀座に行ったついでに博品館にひさしぶりに行った。
そこで目にとまったのは。。。LEGO
最初はなつかしーって感じで見てたのに
だんだんなにか欲しいなぁ~って気分になり、
結局馬の骸骨にのった人の骸骨+大砲のセットを購入↓
7090n1.jpg

まぁ、ほしかったのはこれだけなんっだけどね↓
2007paris06.jpg

ちょっと形態学も興味’ある者としては納得のいかない形もあるけど結構気に入っています。
大砲はめちゃくちゃいらないから従兄弟の子供にでもあげようかな。

それにしてもひさしびりにレゴを組み立てたりするの楽しかったなぁ~♪
comments(0)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-19_23:01|page top

フォー!

hg060810.jpg

あるイベントで彼を見ました。
もっと人気のある時に出来れば見たかった・・・
なんかあまり人が集まってない感じがかわいそーだった。
芸人って大変だよね。

頑張れ。
comments(0)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-18_23:23|page top

雨だしね。

ユニクロで無地のポロシャツゲットしました。
あまりにも定番すぎるような気がして自分で刺繍いれて見た↓
20070717222839.jpg
象なんだけどね・・・わかるかな?
まぁ自分が分かっていればいいからいいんだけどね
でもちょっと刺繍いれるの楽しかったなぁ~♪
こんな歪な象の刺繍の入ったユニクロのポロとか世界に一つしかないしね(笑)

あと雨だし、うちのわんこに着せてみました。
20070717222802.jpg
こんなかわいい姿見ると雨もそんな悪くないね。
comments(4)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-17_22:50|page top

母親

今日、母親と外を歩いていたときのこと。

車が両側からくる道を渡らなくてはいけなかった。
車が来ないのを確認し、二人で「よし渡ろうと」して早足な感じで歩き出した瞬間、
母親に手首をつかまれた。

渡り終わったあと母親に「何してるの・・・?」と聞くと
彼女は無意識で手首を持っていたとのこと。
どうやら瞬間的に子供を無事にちゃんと渡らせなくちゃという本能が働いたらしい(笑)

私はもう22歳だよ、お母さん。
たぶん道はもう一人で渡れると思います。

しかし、やっぱり何歳になっても子供は子供なんですかねー。
comments(4)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-16_16:04|page top

それでも生きる子供たちへ

昨日渋谷で見た映画です。
big.jpg

アメリカでもやっていて見に行きたかったけど時間がなくて結局見に行けなかった作品。
原題はAll the invisible children。
Official Site: All the invisible children
このサイトにものっているけど予告編はこちら↓


この映画は7個の別々の話から成り立っている。
全部違う子供。違う国。
だから一つの話が短くて内容が濃くてインパクトが強い。

私はドキュメンタリーだと思っていた(勘違いしていた)から全部が話だったという点はちょっとがっかりだった。
この映画がドキュメンタリーだったらもっと伝わってくるものは重かったと思うから。
でも、世界には本当にこうやって色んなことと向き合って懸命に生きている子供たちがいることを忘れてはいけないなって思わせてくれる映画。
自分がどれだけ幸せかということを実感する。
そして自分は何をすればいいのだろう?何ができるだろう?と考えさせられる。

まだやっていると思うから見ていない人は絶対に見る価値はあると思う。
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-07-13_15:44|page top

存在感なし。

渋谷の駅前で人だかりができていると思ったら安倍総理大臣の演説のためでした。
最初は彼じゃなかったんだけど、しばらくしたら本人出て来た。
20070712235755.jpg
前からね、なんかカリスマ性のない存在感のない人だなぁとは思っていたんだけど。。。
なんか本物も存在感ありませんでした
それでも空にはヘリが2、3台飛んでたし、周りのビルの上には警察が。
どんなに不人気でも狙われる可能性ってあるんだね。
てか、不人気だからか?

最初は出て来たものの違う人がしゃべってて、彼はひたすら笑顔で手をふっているだけだったんだよね。
20070712235810.jpg
せっかくだから一言しゃべるまで待ってようかと母親と決め、
ほんとにかれが「今日はみなさん・・・」って言い出した瞬間に
「よし、聞いた。帰ろう」と言ってその場を立ち去ったうちらは間違っているのだろうか?
まぁ、いいよね。
こんなうちらでも引き止められるカリスマ性を身につけていただきたいですね、彼には。

まぁそんな彼は同じ高校出ているわけですが。
すっごいイメージ悪いわー
comments(4)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-12_23:59|page top

へその緒

今日、電車の中で本を読んでた。
その本の中におもしろい事がかいてあった。
そんなこと考えもしなかったことだからおもしろいな~って思ったんだ。

アダムとイブっているじゃんね?
彼らの絵についてなんだけど。
彼らの生殖器を隠しているのはイチジクの葉。
以下、本より抜粋
「しかし多くの古い絵画では、イチジクの葉はアダムの生殖器を隠すにとどまっていない
ーツタのっちょうにからまって、アダムのへそまでもおおっているのである。」

ここまで読めばふーんって感じ。
でも、そこからがおもしろい。

なぜへそまで隠さなければいけないのか?
それにはある問題がかかわっているから。
「言うまでもなく、アダムは母親から生まれたわけではなく、したがってあるべくもないへその緒の跡が残っているはずもない。
しかし、神がプロトタイプをつくられたとき、最初の人間をそれにつづくものと似せてつくったのではないか?
べつの言い方をすれば、神はあらかじめ存在するかたちにもとづいて創造を行ったのではなかったのか?
このやっかいな問題に解答が得られる見通しもなく、また誰かの怒りを買ったりsぎたくないために、多くの絵描き達はアダムの腹部を植物でおおったのである。」


私は個人的に神の存在は信じていない。
ただ、こういう神が一歩人間に近づいたような考えってなんか新鮮でおもしろいと思う。
こんな考えほんとおもいつきもしないし。
へその緒がかかれてたら普通に何の疑問も抱かないし、
かかれていなくても私はきっとそんな細かいこときにしないだろうし(汗)

結局どっちが正しいなんてこの本にもかかれていないし、
もちろん正しい答えなんてどんなに争ったって出てこないんだろうけど、
個人的に今度からアダムの絵画を見るのが楽しみになりそうな気がする♪
この絵を見る楽しみが増えた♪

もしかしたら常識なのかもしれないけど私にはとっても新鮮でおもしろい考えだったし、
そんな考えがアダムの絵画たちに隠されていたんだーという大発見をした気分になったのでした
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*どくしょ|2007-07-10_23:34|page top

まだいたんだぁ~♪

小さい頃から私は幼稚園から帰ると自分の庭で自分の作った秘密基地で遊んでた。
庭には前に書いたけど、うちの庭にはたくさんの生き物がいるしやってくる。
蛙とか金魚とか鳥(雀とかメジロとかの小鳥からたまに金魚を食いにくるサギみたいな大きいの、どっかから逃げたのであろうオウムとか)
そして猫はやってくるし、その昔庭にハムスター捨てられててそれ飼うことになったし、
虫とかも蝉とか蝶とかカマキリとか卵の状態から見れるし
植物もビワ、アンズ、よもぎ、シソ、みょうがとか自分の食卓に並ぶものから
見た目に美しいしだれ桜とか秋は紅葉とかもある。
ほんとにたくさんの生物に囲まれている感じは今でも同じ。
それでも最近見る事が少なくなった生き物もいる。
前はほんとにしょっちゅー見てたのに。

それは、このコ↓
20070709212932.jpg
そう、ヤモリくん

すっごい久しぶりに今日見かけて思わず捕まえちゃった♪
ちょっと狭かったけどこういう時ようの小さな穴空きのビンにいれて観察+写真撮影☆

前から
20070709213532.jpg

下から
20070709213635.jpg

まだ庭にいたのが本当に嬉しくて、それと同時にちょっと安心しました♪
これからもちゃんと家に住んでいてほしいなぁ~

(ちなみに、この撮影会が終わったあともとの見つけた場所にこのコは離されたのでご安心を♪)
comments(0)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-09_21:44|page top

そんなもんだよねー。かなり同感!!

こんなニュースをミクシィで発見。

日本の「ビリー」ブームにぶったまげ!なぜ!?
(ゲンダイネット - 07月08日 10:00)

 なぜ今さらあのビリー・ブランクスが、日本で「時の人」とまでいわれているのか。この6月、1年ぶりに日本に帰国してぶったまげてしまった。ビリーといえば、アメリカでは5、6年も前にブームは終わっている。アメリカで売れなくなったから日本に足を延ばしたのは見え見え。

 日本ではもっぱら「ブートキャンプ」のDVDセットが売り出されているが、アメリカでのブームに火をつけたのはこれじゃない。そもそもビリーの一番の売りは、テコンドー(Tae Kwon Do)とボクシング(Boxing)を組み合わせた「タエ・ボウ(TAE BO)」というフィットネスだ。

 ビリーはテコンドーと空手の黒帯で、アマチュアボクシング選手権「ゴールデン・グローブ」のチャンピオンなので、タエ・ボウのコンセプトは納得できる。ノリのいい動きがウケて、当時はアメリカ中のスポーツジムでタエ・ボウのクラスができたほどだ。

 ちなみに、今はもう過去のものとなっている。DVDを買っただけで痩せた気になる人がほとんどなので、アメリカ人の肥満度は相変わらず高い。

 ともあれブートキャンプは、ビリーの副次的なシリーズだ。「タエ・ボウ」は、コンセプトも名前も、特許まで取得したビリーのオリジナルだが、ブートキャンプは一般的な俗語。日本語のウェブサイトで「軍隊用の訓練」とあるのは、ちょっと違う。正確には、アメリカの軍隊がコンバットブーツをはいたまま訓練することから、「軍隊の訓練を真似たハードなフィットネス」という意味だ。

 問題は値段。ビリーの英語のウェブサイトに行けばわかるが、ブートキャンプDVD3本セットは30ドル弱(約3600円)。日本は1本多いとはいえセット価格1万5000円(約125ドル)もしている。アメリカ人は、いくらブームでもたかがフィットネスDVDに絶対にこんなに払わない。日本語版制作費、販売業者の中間搾取を入れるとここまで値段が跳ね上がるものか。いや、やっぱり日本って足元見られてるんじゃないのかなあ……。


だよね。
私だってフィットネスのクラスでやってる普通の内容ばっかだなーって思ってたし。
やっぱり日本にくるアメリカのブームって全く理解できない。
もっと世界中でちゃんと流行にのってるものが日本にくるならわかるのにね。
クリスピークリームもコールドストーンも基本同じだよね。
んーやっぱり理解できない。

もちろんその反対で日本でまったくはやってないアニメとかアメリカではやってるのもサッパリ理解できない。
しかも放送できるもの出来ないものとかで放映されないやつとかもあるし。
正しく他の文化に伝えられないならヤメれって思うんだよね。
お寿司とかだってタコは生で食わないし、ご飯にのせれば寿司だって思ってるし・・・

その国のことはちゃんと本当のことを伝えてほしいものです。
comments(2)|trackback(0)|にゅーす*らんだむ|2007-07-08_15:41|page top

河口湖堪能☆

また山梨の別荘にきているため、今日は河口湖の方へ遊びに行ってきた
何も考えずに河口湖まで車を走らせて最初に目についたのは
河口湖ハーブフェスティバル(クリックするとサイトへ飛べます)
そこはなんだか山梨とか河口湖の特産品みたいなものをたくさん売っている屋台や、
オリジナルの手作りの小物などを売っている屋台などごちゃごちゃとおもしろかった
ここでさっそくうちの家族はコップや置物などを購入♪
4665s3.jpg
そしてそのまま屋台のエリアを進むとここのメインかつ今の時期のメインであるラベンダーが見られる。
ほんとにたくさんのラベンダーが植えられているため凄くキレイだった
4665s1.jpg
この画像達はココからのものだから富士山が映っているけど、今日は富士山ははっきり見えてなかった・・・残念。

このラベンダー畑が終わるあたりには与勇輝さんの美術館がある。
こちらがその美術館のサイト: 与 勇輝館
このサイトで作品の一部を見る事も出来るけど、やっぱり生で見るこの人形たちはかわいさが違う。本当に忠実に子供の表情が表されているんだよね。
漫画みたいに日本人離れした顔とかもしてなくて、なんか日本人って感じの人形なのがまたかわいい。
私のお気に入りはこのニングル(画像はこのサイトからのもの)↓
work33.jpg
この展示を見たあとポストカードを買った。
そしたらレジの横に与さん本人がサインしているではないか!!!!
ほんとにふつーーーーなおじさんで全然分からなかったよ。
でもちゃんとポストカードにサインして頂けました♪
「乾くまで2、3分待ってね」なんて優しい心遣いも・・・
やっぱりこんなかわいい作品を生んでいるだけあっていい人なのでしょう。

お昼にはウワサで美味しいと言われている不動ほうとうでほうとうを食べた☆
(クリックするとサイトに飛びます)
名前の通りほうとうの種類は不動ほうとうの1種類だけ。
もちろん全員でこれを頼んだ。
出て来たのはこんなもの↓
e0095179_2395323.jpg
これね、めっちゃデカイんだよね。
なんかこの入れ物(?)直径30cmくらいあるんだもん。
でもね、めーーーーーーっちゃ美味しい!!!
野菜もたーーっぷり入っているし、お味噌の味は濃すぎないしでほんとに美味しい!!
機会があったらぜひ☆

そしてここで食べたらお会計の時に木の花美術館のタダ券をもらえたからもちろんそこへゴー☆
(これもクリックでサイトに飛べます☆)
summer.jpg
(この写真はサイトから)
写真を見ればわかるよーにめーーーっちゃかわいいこの美術館は中も凄くかわいい♪
ねこのダヤン↓って言う方が分かる人が多いかも?
dayan01.jpg01-729.jpg
結局、うちの家族はダヤンのかわいさにもどっぷりハマり、作品集もしっかりゲット☆
この美術館、大人は一人500円したからうちの家族は1500円得したんだよね☆
だからここに行く際にはほんと不動ほうとう食べてからをお勧めします。

いやーほんとめちゃくちゃ河口湖の周りを満喫しました♪
まだまだ河口湖のまわりには楽しそうなところが多いから次回は違うところも挑戦してみたいなぁ~♪
comments(2)|trackback(0)|とりっぷ、ことりっぷ*じゃぱん|2007-07-08_15:22|page top

いらない第6感

ブルースウィリスが出ていたからテレビでやってたシックスセンス見ちゃった
sixth_sense_thumb.jpg
もう6回目くらいで内容とかかなり分かってるんだけどね・・・
それでもやっぱり突然現れる女の子の幽霊にはビックリする
っていうか、その少女ミーシャバートンだったんだねー・・・知らなかったし。
20060820031727.jpg
今とかめっちゃかわいいし・・・

シックスセンス終わってしばらくテレビつけてたらドラマ「ライフ」やってた。
何気に今のところ全巻もってて、読んだものとしてはかなり納得のいかないよねこのドラマ。
主人公はもっとキリッとしたスタイルいいコだし、
カツミ君はもっとかっこいいだろって感じだし、
主人公にいるのは弟じゃなくて妹だし、
なんか基本的に話違うし。
あまりに納得いかなくて消しちゃった。
あそこまで漫画と違うと凹むって。
ありえないーーー
comments(2)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-07-07_23:59|page top

六本木ヒルズwithどば

六本木ヒルズで映画みていきました☆
大好きすぎるブルースウィリス様のDie hard4をどばと見て来たんだけど・・・
まぁブルースウィリスだからっていうのもあるけど良かったです。
やっぱ彼はアクションがよく似合うよ。うん。
stirblangsam4.0.jpg

official site: Die Hard 4.0
アクションしか似合わないのがいい俳優ではない気がするけど、
まぁアクションだけでもサマになってるならいいか

六本木ヒルズは何気に人生で2回目。
1回目は友達が案内してくれたから迷わなかったけど、
今回は一人で映画館探さなくちゃいけなくてかなりまよいました・・・
地図が読めるようになりたいものです。
現在地が果たしてどこ向いてるかくらいわかるべきだなと実感したよ。
ちゃんとどばと会えて良かった・・・

ドバとは映画のあとカフェで話し込んだ。
色々話した結論:他の人がやったことでえーーーって思ったり間違ってると思った事は自分がやらなければいい。
ほんとその通り。
少しでも嫌だと思ったら自分は他の人に同じ気持ちにさせなければいいんだよね。

なんかどばと話してて元気でました。
ありがとね、どば
comments(0)|trackback(0)|世界観を広げる*しあたー|2007-07-04_23:00|page top

やらなければよかった・・・

このサイト(→プロポーションチェック)を使って測定。

結果:BMIで肥満ではないものの凹んだね。

ちゃんと運動しなくちゃねー
食べる量とかひかえなくちゃねー
はぁ
comments(2)|trackback(0)|じゃぱん*らいふ|2007-07-02_17:17|page top

アメリカ人と日本人

penta21jp-img600x450-1182685895cimg5551.jpg
(画像はココから)
この本がおもしろい。
まだ少ししか読んでいないけど、考え方の違いというのどうして生まれるのかが分かる気がする。
この本はアメリカの子供と日本の子供がそれぞれ読む教科書の内容で性格の違いを見ている。

例えば、アリとキリギリスの話を私たち日本人が思い浮かべると
最終的にキリギリスは冬になって食べ物をわけてもらう。
だけど、アメリカの教科書ではアリ達は決してキリギリスにエサを分け与えない。
やらなかったんだから自分で責任とれって感じになっている。

この考え個人的にもの凄く好き!
大学でもグループでやるプロジェクトであまりやらない人がいたらその人に名前は最後グループから外される。
それがアメリカ。
私も数名グループから外して次のレベルにあがれなくしたことがある。
それが正しいって思う。
それが嫌だったならやればよかったわけだし。
やらない人を守る価値は全くない。守っても使えないし。
誰もその人の悪口を言うことはない。ただグループから外される。それが現実。
さらに外された方もあとから文句をいう人は少ないのがまたいい
やらなかったと認めているのだろう。

この本にも書いてあるけど、アメリカ人はたまにめちゃくちゃ変な理屈みたいなことを言うことがある。
けど、それはこうこうだから違うと思う。とちゃんと伝えれば結構素直に認める人種でもある。
それは例えどんなに偉い人に対してもそーだし、
逆に言えばどんなに偉い立場な人でも自分が違ったと言われ、相手の方が筋が通っていると思えば相手がどんなに下の立場でも認める。
そこはほんとに偉いと思う。

日本人の見せる優しさは凄く大事だと思う。
謙虚さとか見ているとやっぱり日本人で良かったと思うし、自分はさすがにアメ人のようにずうずうしくはなれないから。
でも、間違ってる時に相手に間違ってると言えないのは嫌だ。
日本だといじめられるとか仲間はずれにされるんではないかとか考えてしまう。
そーいう考えを持っている私も悪いんだけどね

私は日本人のよさはいっぱいあるし、全部がアメリカの用になってほしいだなんて冗談でも思わないけど
こーいういいところはいっぱい吸収してくれればいいのにって思う。
アメリカは日本のもっと丁寧で謙虚な部分をとりいれるべきだし、
日本はちゃんとダメな人間はダメとそれが例え上司であったり先輩であったりしても言えるべきだと思う。
出来ない人間使ってもいい方にいかないって思うから。
出来る人間がやっぱりやるからいいものが生まれると思うし。
出来るようになりたけれえば努力すればいいわけだし。

なんかこの違いを自分の知っている物語とかで伝えてくれるこの本はほんとにおもしろいからお勧めです
どっちが正しいとかはないけど自分の考えが出てくるし、違いを納得する瞬間は多いよ
特に海外経験(旅行じゃなくね)のある人にはおもしろいと思う!!
comments(6)|trackback(0)|世界観を広げる*どくしょ|2007-07-01_21:15|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。