☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

【マレーシア】Malaysiaでの大充実な1日

この日は朝から相方のお母さんの手作り料理を食べた!
正式な名前は忘れたけど、
マレーシアでもこのエリアでしか食べることがないとか。
IMG_1000.jpg
でも、これ凄く美味しかった。
相方が母親が作る料理で一番好きだと言っているのも納得。

朝から美味しい料理を食べたあとは
彼の家からすぐの公園へ。
絶対に私が喜ぶ場所だというからどんな所だろうと思ったら、野生の猿がいっぱいいた!!
それはもちろん喜びますよ(笑)
IMG_1033.jpg
IMG_1010.jpg
赤ちゃんの猿見えるかな??
IMG_1014.jpg
野生といっても餌をあげてしまう人が多いらしく、全然怖がらない。
車もおもちゃになってるし(笑)
IMG_1021.jpg
赤ちゃんがいても結構近くまで寄ってきた。
この公園、奥に進むとマングローブとかもあってかなりいい所だった!

公園を満喫したあとは近くのビーチへ!
IMG_1056.jpg
泳いでいる人はたくさんいたけど、
宗教上の関係で(観光客も含めて)ビキニは駄目だしでなんとなく不思議な空気だった。
IMG_1062_20110522160604.jpg
近くではココナッツを目の前で切って売ってたり、
IMG_1064_20110522160603.jpg
日本にはないような種類のフルーツジュースも売っているジューススタンドがあったり、
IMG_1067.jpg
魚のおつまみ系のものを売ってるお店があったりと
歩いているだけでも楽しかった!

途中でコウモリを発見したりもした↓
IMG_1068.jpg
日本でもコウモリはどこにでもいるのに
こうやって休んでるのって見ないからかなり興奮。

帰りがけにはお菓子を売っているお店へ寄ってくれた。
というのも、3月に相方と名古屋に遊びに行った時に
ういろうを食べたんだけどもシンガポール/マレーシアにも似たようなお菓子があるよって言ってて、
それを私に試して欲しかったらしい。
IMG_1076.jpg
ほぼ全種類をGET!

IMG_1102.jpg IMG_1103.jpg
IMG_1104.jpg IMG_1105.jpg
IMG_1108.jpg IMG_1109.jpg
感触はういろうと同じでもちもちだったし、美味しかったけど、
ココナッツ味だったりでういろうみたいな繊細な甘さと味ではなかったかな。
(ちなみに彼がういろうっぽいと言っていたのは3段目の右のお菓子)
他のお菓子もあんこが入っていたり、
なんとかペースト(覚えてない)が入っていたりでかなり美味しかった!
もちもちなお菓子が好きな私にはたまらない♪

お菓子を堪能した後は相方の妹さんとその彼氏に会い、
彼氏さんの職場である警察署を見学させてもらうことに!
IMG_1081.jpg 
白バイに乗ったり、こんなことをして遊んだり↓
IMG_1087.jpg IMG_1086.jpg
(顔を塗りつぶすとほんとに捕まったみたいだ、、、)
監獄の中も見せてもらったり、
指紋をとる機械とかを見せてもらったり、
実際の殺人現場の写真なんかも見せてもらったりと本当に貴重な体験をした。
全部本物だしって考えるとなんかゾッとしたりもしたけど。
ただでさえマレーシアの警察署なんてそうめったなことでは入れないし、
かなりいい体験をしたと思う。
マレーシア人だって犯罪犯さない限りこの体験は出来ないしね(汗)

夜はまた相方の家族と親戚と一緒にレストランに行ってマレーシア料理を堪能♪
IMG_1172.jpg IMG_1173.jpg
IMG_1174.jpg IMG_1176.jpg
IMG_1177.jpg IMG_1178.jpg
IMG_1179.jpg IMG_1180.jpg
IMG_1181.jpg IMG_1182.jpg
いやーこの日もほんとに良く食べた♪
間違いなくここまでの2日間だけで数キロ太ったのではないかと思うね。
でお、せっかく違う国にいるわけだし、食べないと損だからね!

こんな感じでマレーシア最終日も大充実してた♪
スポンサーサイト

Theme:楽しい旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(-)|とりっぷ、ことりっぷ*あじあ|2011-04-30_23:36|page top

【マレーシア】Singapore→Malaysiaへ

シンガポールについて相方と再会。
この日の予定はマレーシアへ行くこと!
でも、なんせ着いた時間が朝の4時だったからとりあえず彼の家へ。
車での長旅に備えてとりあえず寝た(ーー)zzZ
7時くらいに起きて、
彼のおばあちゃんと彼女のメイドさんに見送られながら
マレーシアへ向かった。

目的地までは6、7時間くらいということで
途中でところどころ休憩。

最初の休憩所ではnasi lemakを食べた!
IMG_0979.jpg IMG_0981.jpg
これ、ココナッツミルクと一緒に炊いたご飯なんだけども凄く美味しいんだなー♪
一緒についてる唐辛子ソースとからめて食べるとたまらない(^ ^*)♪

そのあと寄ったところでは、前に来た時にも食べたフルーツ+梅パウダー!
IMG_0983.jpg
青マンゴーとおう1種類のフルーツ(名前忘れた)を今回は購入したけど、
もっともっと色んな種類のフルーツがあったよ。
青いフルーツを食べるのに凄く抵抗があったんだけど、
これは一回食べるとかなりハマる!
こんな感じでフルーツを気軽に食べられるっていいなーって思う。
やっぱり日本のフルーツは高すぎでしょ…

そんなこんなでマレーシアに着いてからは
彼の実家に泊まらせて頂いたんだけども、かなり素敵な家♪
そこからは食べ物が出てくる出てくる(笑)
食べるのに夢中で全部写真撮ってないけど、
ツバメの巣!
IMG_0983_20110521100540.jpg
これは感動した。
なんでってツバメの巣がいっぱい入ってたから♪(笑)
こんなにも食べごたえのあるのは初めて食べました。

さんざん食べたからこれが夕飯なのかと思ったら夕飯は夕飯でレストランへ(笑)
間違いなくここにいたら太ると初日から悟った。
行ったレストランではこれらを食べた

IMG_0989.jpg IMG_0990.jpg
IMG_0991.jpg IMG_0992.jpg
IMG_0993.jpg IMG_0994.jpg
IMG_0995.jpg IMG_0998.jpg
右側は牡蠣の卵なんだって。
フライだからそんなに食べられなかったけど、美味しかったよ♪
IMG_0999.jpg
海の近くだからシーフードが多かった!
凄い量だけど、相方の家族と親戚の人とかその友達とかまでも来ていたから
まぁそう考えれば普通かな…?
前から相方の食べ方で凄く気になることがあって。
貝料理とかを食べる時の残った貝をお皿ではなく、テーブルに置くこと。
でも、どうやらマレーシア、シンガポールではそれが普通らしく
全員魚の骨から何から何までテーブルにおいてた。
まわりのテーブルもみんなそうしていたし(笑)

このあとは相方の妹さんの経営するカフェで飲んで、
カラオケして(私と相方は聞いてるだけだったけど)となんだか盛りだくさんな一日だった。
comments(0)|trackback(-)|とりっぷ、ことりっぷ*あじあ|2011-04-29_23:07|page top

【シンガポール】行ってきます!

IMG_0978.jpg

3度目のシンガポールへの旅。

羽田からが良かったのに予約するのが遅かったから成田から。。。
しかも節電とかの影響で成田エクスプレスは使えないし、
特急の数も少なすぎで、
成田に行くまでに本当に疲れた。
comments(0)|trackback(-)|とりっぷ、ことりっぷ*あじあ|2011-04-28_23:58|page top

最近読んだ本たち

予告とかを見ても、どんなに評判でも邦画ってあまり興味がわかない。
でも、映画になるものはストーリーは面白いんだろうなって思う。
だから本は結構読む。
最近読んだ中でも2冊は話題になるだけあるなーと思ったから紹介。

『八日目の蝉』

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る

最初からどうなるんだろう?この人どうするんだろう?って先が気になる。
でも、話の中で凄いイベントがあるわけではないし、
むしろ起こりえなくはないストーリー設定なんじゃないかな。
そう思わせるところがこの話のおもしろさなのかも?
最初は捕まることへの恐怖心と、
恵理菜/薫を自分のものにしていたいという気持ちと、
本当の母親のように一生懸命に子供を守ろうとする希和子の様子、
それに誘拐されているとも、
普通の生活を送っていないとも知らない恵理菜/薫の様子が書かれている。
そこから先は本当の家族のもとに戻れた恵理菜のその後と周りの人の気持ちがよく表現されている。
主人公の恵理菜/薫お苦しみも、その家族の苦しみも、周りの反応も。
終わり方も読んでる人がどう思うかでとらえ方が変わる気がするんだよね。
どの登場人物の反応も理解できなくはないから
誰の視点でストーリーを考えてもおもしろいと私は思った。
そういう意味で読み直してもおもしろい本。
映画はこういう感情をどうそれぞれの人物が現すかがおもしろさを左右しそうな気がする。



『まほろ駅多田便利軒』


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る

もう1冊はコレ↑
これ元々が本だってことを知らなくて、
映画の予告を見ても全く興味が持てないから下手したら全くスルーするところだった。
それを友達からストーリーは凄くおもしろいんだよと聞いて読んでみることに。
そしたらこれがほんと面白い。
読み始めたらなんか一気に読んでしまった(笑)
便利屋に舞い込んでくる依頼がそれぞれおもしろいし、
それに対処する性格が似ているようで似ていない多田・行天のコンビがまたおもしろい。
推理小説まではいかないけど、それでもこの事件?依頼はどうなるんだろう?って気になる。
どの依頼もあとあとの依頼にすこしずつ絡んでくるのもまたおもしろい。
八日目の蝉は人によっては好き嫌いがあるかな?って気はするけど、
こっちは誰でもわりと楽しめるんじゃないかな。
結構オススメです!
これは映画も見てみたいなーって気になる。
大きい画面でなくてDVDでいいとは思うけど!
comments(0)|trackback(-)|世界観を広げる*どくしょ|2011-04-20_23:12|page top

The Tourist

the-tourist-review.jpg

Official Site: The Tourist (English)
Official Site: The Tourist (Japanese)

最近通勤路にTsutayaがあるおかげでDVDばっかり見ていたのだけど、
久しぶり映画館で映画を観た。

なんせ出ているのがAngelina JolieとJohnny Deppだし、
個人的に私は2人共演技は上手だと思うから観たかったんだよね。
ただ、出てる人が豪華な時って期待するほどおもしろくない確率が高いことも予想して観に行った。
実際、IMDBだと凄く評価低いし。(IMDBのサイトは→ココ←)
でも、個人的な感想としては結構おもしろかったと思う。



完全なアクションなわけではないし、
途中まで凄く安っぽい恋愛映画のようでは確かにある。
そこが低い評価に繋がってるのかなとは感じる。
でも、エンディングがなかなかおもしろい!
そのエンディングだから見終わったあとの満足度は高かったかな。
もちろんAngelina JolieとJohnny Deppを観てるだけで楽しいというのもあったけど(笑)
Johnny Deppにいたっては所々で
パイレーツだー、シザーハンズだー、ショコラだーって思ったり(笑)

観ても損はないと思う映画だったので、機会があればぜひ!
comments(0)|trackback(-)|世界観を広げる*しあたー|2011-04-09_23:12|page top

難しい。

ペット救助に一時帰宅…県は「立ち入らないで」
(読売新聞 - 04月03日 02:27)

福島第一原発事故で避難指示が出されている20キロ圏内の自宅に、ペットを残したまま避難した飼い主らが、餌やりなどのために一時帰宅するケースが目立っている。

 飼い主からの依頼を受け、動物愛護団体やボランティアも、ペットの救出に乗り出しているが、福島県は「避難指示区域となっている以上、絶対に立ち入らないでほしい」と呼びかけている。

 「自宅に猫を置いてきてしまったんです。どうしていいのか……」

 被災地でペット救助を行う動物愛護団体に、福島県浪江町から避難したという女性から涙声で電話が入った。電話を受けた男性スタッフは、飼い主の女性と待ち合わせ、車で半径20キロ圏ぎりぎりの所にある女性宅に向かい、愛猫を無事、保護した。男性スタッフは「飼い主にとって、ペットは心の支え。亡きがらになっていたとしても、この手で抱きしめたいと思う」と話す。保護された猫は、同団体が管理する県外の施設まで運ばれ、そこで面倒を見てもらうことになった。

 震災以降、同団体には、一時避難の際に自宅に残してきたペットの保護を求める電話がひっきりなしにかかってくる。救助要請の件数は既に100件を超え、犬や猫など60匹以上のペットを保護した。飼い主の中には、警備の目を盗んで20キロ圏内の自宅に戻り、ペットを連れ出す飼い主もいるという。


*******************************************************************************************

危険だとは分かっているし、帰ってはいけないのもきっと理解できる。
でも、同じ状況にいて自分のペットをそのままにしておけるかと聞かれたら
私も警備の目を盗んで連れ出すと思う。

この状況で人間優先になるのは当たり前だし、
しょせんペットなんて関係ない人にはただの動物かもしれないし、
避難させたところで彼らに与える食料があるかも保証はない。

ただ、責任を持って飼いましょうって言うのに
こういう状況ではペットは避難させなくていいっていうのはちょっとおかしいと私は思う。

私は東京にいるから一番困ったのは
きっと地震のあった日に会社から歩いて帰らなくちゃ行けなかったことだけで。
それくらいの被害と呼べるかどうかもわからないレベルで済んだけど、
うちのワンコは相当怖かったのかちょっとおかしくなった。
誰からも離れず、夜も1匹では寝られない日が続いた。
それくらいペットも怖かった地震。
放射能のことなんか理解も出来ないで、
今飼い主と会えずにいるペットのことを考えると心が痛い。
好きで置いてきたわけではないのに
置いてきてしまっていると罪悪感を感じずにはいられないであろう飼い主たちのことを考えても心が痛い。
comments(0)|trackback(-)|らんだむ*らいふ|2011-04-03_15:11|page top

満開♪

よく考えれば桜の季節。
ここ最近は卒業式に合わせて桜が咲いてしまうっていう年が続いていたけど
今年は入学式に咲いていそうだね♪

IMG_0708.jpg
我が家のしだれ桜は駄目な植木屋さんにより
やたらと短くされてしまいちょっと悲しい感じですが =.=;
comments(0)|trackback(-)|じゃぱん*らいふ|2011-04-02_23:54|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。