☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

【Tioman, Malaysia】Rain Forest Walk

※このブログは5月4日にアップしています。

旅行ではないのだけど、Malaysiaの島、Tioman Islandに行ってきた。
滞在した場所はTiomanの西側にあるbudget resortなMelina Beach Resort

この日はRain forest walk!
IMG_6063.jpg

前回ちゃんとしたrain forest walkをしたのはアメリカ留学時代に
プエルトリコでのrain forest ecologyのクラスを受けた時以来かも。
あの時は泊まった場所が今回よりも更にBudgetだったから
シャワーにお湯はないし、エアコンもなかったけど、
今回はBudgetでもお湯もエアコンもある場所に泊まれたからだいぶレベルアップ。

あまり爬虫類や虫には詳しくないから全然ID出来なかったけど、
色々な生き物を見ることができた。

IMG_6017.jpg
まず最初に見たのは気のぼり中のMonitor Lizard。
彼ら大きな体で鈍そうに見えるけど、
器用に登ってココナッツなんかを食べるんだよね。

IMG_6026.jpg
形的にトカゲの中でもSkinkと思われるけど、何skinkかは分からない(-_-;)
他にもrock geckoなんかを見たけど、
岩の隙間の暗いところにいたから写真はうまく撮れず…

IMG_6028.jpg
だいぶ小さめのMillipede(ヤスデ)
幅は2cmくらいと太めだった。
私たちが近づいたらこんな感じで丸まってしまった。

IMG_6029.jpg
この写真だととっても見にくいけど、
Black Giant Squirrel(日本語でもクロオオリス)
このコだけは哺乳類だからか唯一すぐに何か分かった。
体だけで40cmはあるほんとに大きなリス。
しっぽが長いのも特徴の一つだからしっぽも含めると1mくらいにはなるんだよね。
タイ南部、インド、ベトナム南部、それにマレーシアで見ることが出来て、
木の実が豊富な森に生息する子。
動物園ではよく見かけるけど、まさか野生で見ることができるなんて感動(´;ω;`)
しかも1匹だけじゃなく、何匹も!!

IMG_6076.jpg
Trilobite Beetle
これは大人のメス。体長1.5cmくらい。
オスは黄色で形もホタルみたいなんだけどね。
幼虫はメスと同じ形だけど、サイズが小さめ。

IMG_6091.jpg
hammerhead flatwormの一種。
この写真だと全然わからないけど、頭が(写真だと左側)トンカチの様な形をしている。
人が触ると指の脂で溶けてしまうし、
水にいれても溶けてしまうとってもとってもデリケートな生き物。

久々のrain forest walkで歩くのに必死で下ばっかり見ていたから
全然鳥に気づけなかったのが心残りだけど、
野生で見てみたかったものがいくつか見れたしかなり有意義な1日を過ごせた。
次回行く機会があったらもっと周りを見るように心がけたいな。
あとはやっぱり毎回どこに行っても思うけどもっと勉強しないとなーって切実に思う。
爬虫類、昆虫、魚類はほんとに弱い…(・_・;)
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(-)|とりっぷ、ことりっぷ*あじあ|2013-04-30_23:27|page top

[Bedok] Ipoh hor fun



シンガポールには数え切れないくらいの麺料理がある。
そんな中で初めてIpoh hor funを食べた!
ほとんどの麺料理は油っぽいという印象があるなか、
これは全然油っぽくなくてむしろサッパリしていてかなり美味しかった(*^_^*)
唐辛子と一緒に食べるとこれがまたやみつきになりそうな辛さになって◎
これはどこのホーカーでもあるメニューらしいから
今後私の定番になりそう(*´∀`)

これからも美味しい麺料理を探していくぞー♪
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-27_14:40|page top

[Chinatown] 蘭州拉麺/Lan Zhou La Mian

友人とチャイナタウンでランチ。
行ったのは日本の観光ガイドでも良く取り上げられている「蘭州拉麺/Lan Zhou La Mian」

lamian.jpg

地元のテレビとか雑誌でも取り上げられているみたい。
隣のお店たちがお昼時なのにガラガラなのに比べここは満席に近かったけど、
見た感じ地元の人よりは日本人、白人…と観光客が圧倒的に多い感じだった。

ここが有名なのは店主のウォンさんの麺づくりパフォーマンスらしい。
私たちが頼んだ時には見れなかったけど
窓に貼ってあった写真とかを見ると空中で麺をまわしたり伸ばしたりしていて面白そうだった。

話に夢中になって肝心な麺の写真を撮るのを忘れたという失敗(´;ω;`)

炸醤拉麺はポーションが小さくて運ばれて来たときにビックリしたけど、
普通に私は美味しいと思った!
肉味噌?がほどよく味付けされていて、わりとまろやかな味。
でも、あのポーションで$5.80はシンガポールではかなり高い。

小籠包もオススメとのことで頼んだのだけど、
こっちは個人的に肉汁があんまりはいっていなくてビミョーだった。
肉の量は多かったし、味も美味しかったんだけどね。
でも、小籠包はあのあふれる肉汁が美味しいからなー

後でシンガポーリアンの友人に聞いたら、ここは昔と比べてだいぶ味が落ちたし、
人気になって値段も凄く上がったと言っていた。
麺の太さも昔と比べて太いし(手作りの麺は細いほど技術があるとみなされるとのこと)
もっと美味しいところいっぱいあるよと言われてしまった…なんと…(;゚Д゚)!
観光客は完全に騙されている感じだね(/ω\)

あんまり炸醤拉麺をためしていないから
今度から色んなお店をためして、
味比べをして味を見極められるようになりたい。
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-25_21:22|page top

[Vivo City] Serenity

Vivo City内にあって前から気になっていた
スペイン料理屋の「Serenity」へ行ってみた。

P1040236_20130427124541.jpg

あんまり暑くなかったからテラス席にしてもらった。
ここはharbourのすぐ隣にあるモールだし、
sentosaが眺められるしで景色は最高だったりする。
P1040237_20130427124617.jpg

頼んだのは…

P1040240.jpg
Baby Octopus
これ、タコの歯ごたえも良かったし、
味もタコの味が口いっぱいに広がってほんとに美味しかったぁ♪

P1040241_20130427124647.jpg
Bacon Asparagus
アスパラが細すぎてベーコンの塩辛い感じが口の中をしめてしまい、
個人的にはいまいち(~_~;)

P1040242.jpg
ハモンイベリコ
ハモンイベリコはとっても好きで色んなお店で頼むけど、
正直ここのはそこまで美味しいという感じではなかったかな。
なんかハモンイベリコ独特の味があまり口の中に広がらなかったというか…

P1040243.jpg
このお店のイチオシメニューのSuckling Pig
サイズは1/4,1/2,1匹から選べるのだけど、
二人だったし他のメニューも頼みたかったから1/4にした。
これはさすがオススメなだけあって美味しかった!!
皮はパリパリで豚にありがちなお肉のパサパサ感が全くなくてとってもジューシー(´∀`*)
間違いなくこの日で一番美味しかった!

P1040244.jpg
最後はパエリア。
何種類かあったけど、最初だしSeafoodのをチョイス。
これはとってもビミョーだった。
味も特別感は特にないし、何よりもライスが少しベチャベチャ…
最後の最後になんだかがっかり感。

全体的にはテラス席の雰囲気とか
店員さんの丁寧な対応とかは凄く良かったし、味だって基本的に美味しいけど、
値段とクォリティーを比べると正直合わないかなーという感じだった。
Suckling pigだけを頼むならいいかもしれないけど。
私たちはリピすることはないかも(´ε`;)
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-24_22:43|page top

くもゆり



英語ではSpider lily、
日本語でも 蜘蛛百合というらしい。

シンガポールで良く見かける花だけど、
何でか惹かれる(*´ω`*)
comments(1)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-22_22:17|page top

Red Bullの新事実

アメリカにいるときはテスト前とかに良く飲んでいたRed Bull。
イギリスではRed Bull Vodkaを良くバーで頼んだ。

redbulll.jpg
※画像は「ココ」から←どれだけ体に悪いかを説明してるサイト(笑)
大量の砂糖やらカフェインやらが入っているから飲んだ人を一時的highにさせるこの飲み物。
間違いなく摂取しない方がいいのだろうけど、なんでか飲んでしまうのよね。
だって冷やすと美味しいし…

それくらい馴染みのあるRed Bullだけど、
シンガポールとマレーシアでは普通のブルーの缶とは別に
こんなゴールドの缶のRed Bullを売っている

redbull.jpg
しかも大抵並んで売っている。

夫が私が炭酸で飲むのはRed Bullくらいだと知っているため
買ってきてくれたのだけど…
これがめちゃくちゃ甘ったるいだけで全然美味しくない…。
こんなのRed Bullじゃない!!!(゚Д゚)ノ

通常の青の缶には一日最大でも2本までとか注意書きがあるのに対して
これは全然そんなことも書いてない…
でも、ロゴは間違いなくRed Bullだし、こんなに堂々とパチものを売らないだろう…
ということで、
何が違うのだろうと調べてみた結果、どうやらこのゴールドの味がオリジナルとのこと(;゚Д゚)!
もともとRed Bullはタイで作られた飲料でその味が守られているのがゴールドの缶。
タイで人気のこの飲料をグローバルなものにしようとしたのが
オーストリア人(オーストラリアじゃないよ)の企業家らしく、
その人がグローバルで人気になる味に改良したのが世界中で見るブルーの缶とのこと。

改良されなかったら私には甘すぎて美味しくなさすぎて飲むことなかっただろうな…
オーストリア人の人、改良してくれて本当にありがとうm(__)m
私は今後もブルーの缶を支持します。
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-20_14:37|page top

Tokyo Auto Salon Singapore 2013



夫が車好きなので行って来ました。
想像通り男性が多いイベントだった(笑)

何にびっくりしたって来ている男性陣のほとんどが
車ではなく、
レースクイーンの格好をした女の子の写真を撮っていること…
※写真参照
車と一緒に撮るならまだしも完全にフォーカスが女の子になっている人ばっか…
もちろん女の子には見向きもせず車の細かい部品とかを熱心に撮っている人もいたけど。

しかも日本から実際のレースクイーンも数人来ていて、
そこは特別ブースになっているうえにさらに大行列…!
もはや何のイベントだ(^O^;)
昨日まではAKB48が来ていたみたいだし。

改造車とかが多くてなかなかおもしろかったけど。
シンガポールだと改造車は認められていないみたいだから(良く取り調べられているのをみかける)
シンガポールの人にもなかなかおもしろいのかも?

夫的には予想以上に規模が小さくて不満だったらしいけど。
日本でやっているのに行きたいらしい…
…いつかね…(^O^;)
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-14_20:23|page top

[Tras Street]Cafe & Bar Gavroche

日曜日で起きた時間も遅かったからブランチしようということで、
以前ウェディングドレスを見て回っていたときに見つけたカフェ「Cafe & Bar Gavroche」に行ってみることに。

P1030862.jpg

外からは全然想像がつかないくらい素敵な雰囲気のカフェだった…!!
フレンチなカフェらしく、まさに雰囲気がそんな感じでかわいらしい。
白人もけっこう来ていて、それが更にいい雰囲気にするんだよね(笑)

P1030861.jpg
室内なのに外で食べているような雰囲気を味わえる('∀`)
こういうの私大好きです。
冷房効いてて快適だけど、外にいるように感じられるとか幸せです。

ここで私が頼んだのはオーソドックスなサンドイッチ
P1030859.jpg
味はもちろん想像できる感じではあるんだけど、
久しぶりにこのフランスパンに挟ん美味しいサンドイッチ食べた!!
最近こういうシンプルなものを家で食べたくても食べられないから
本当に幸せな瞬間だった。

夫はegg benedictを注文
P1030858.jpg
ベーコンではなく、スモークサーモンのもので
ベーコンのをたべるよりあっさりしていて美味しかったぁ♪
卵もちゃんと半熟だったし!

今度は夜にもきてみたいなー(´∀`*)
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-14_14:18|page top

ビーチウェディング♪

シンガポールに来てから初めての結婚式へ!
場所は「Shangri-La's Rasa Sentosa Resort and Spa
実はここ、私たちの式をする場所の候補となっていた場所(^。^;)
ここであげたらこんな感じだったのかなーとか想像してみたり(笑)
でも、なんとなーく私はホテルだとどうしても会場の雰囲気とかも含め
どこかしら何かしら誰かと被ってしまうイメージがあって嫌で、選ばなかったんだけど。

P1030713.jpg
天気が良すぎて今年一番暑いんじゃないかという気温だったけど…
ドレスを着ていなかったらビーチに飛び込んでたね。
あの気温でこの景色見ながらドレスは結構苦痛だったわ。

P1030719.jpg
solemnizationの場所は日陰だったのと、
ウェルカムドリンクでシャンパンがあったのとでわりと快適だったけど!
ちょうど誓いの言葉を交わしている時は
二人のバックで夕日が沈んでいて本当に綺麗だった。
きっとビーチウェディングの良さはここなのかもね。

solemnizationの後はホテル内に移動して、ディナー☆
途中でシャンパンタワーがあったり、
ケーキカットがあったり。
ケーキは偽物でカットするだけのものを彼らは使用してた。
P1030768.jpg
リゾートなだけあって貝殻がついてるかわいいケーキだったけど!

ディナーのメニューはホテルで式をあげるとたいていどこも同じメニューらしく、
(宗教上食べられるのが中華に限られる人が多いからみたいだけど)
私は初めてだから楽しく美味しくいただいたけど、
周りの人は特に楽しんでいる様子もなく、
あそこのホテルの方がこれは美味しいねなんて話し出す始末…(-_-;)うーん。
メニュー同じは確かに結婚式に参加する楽しみ減るね…と思ったり。
一緒のテーブルだった私たちの式にも来てくれた夫のいとこは
私たちの式でのランチはいつもと全然違って楽しかったし、
美味しかったと言ってもらえたので良かったけど(´∀`*)
でもそれを他の人の式の最中に言ってくるのはどうなのかね…とも思ったり。

でもまぁ主役の二人はとーっても幸せそうだったからそれでいいんだよね(´∀`*)
結婚式は自己満足の世界だからね。
自分が楽しめなかったら全く意味がない…!

N&W、末永くお幸せに…♪
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-13_23:33|page top

Ladyfinger

manipedi.jpg

日本ではJunkoさんにネイルをやっていただいていて(彼女のHPは「ココ」をクリック!)、
こっちでのネイル事情が分からないからとりあえず来る前にオフをした。
ジェルネイルを辞めると爪が薄くなってすぐ割るとかいうことを色んな人に聞いていたし、
しばらくはトップコートとかを塗っていないといけないとかも聞いていたけど、
Junkoさん曰くそれはネイリストの腕前によるとのこと。
だからJunkoさんには普段と変わらずで大丈夫ですよと最後にオフをしたときに言われた。
実際そうで、逆に過去の自分の自爪より強くなっているとさえ感じたくらい。
だからトップコートも付けずにラフに扱ってきたけど、割ることもなくここまで元気にきた(笑)

そんな自爪生活も2ヶ月。
散々ネイルを楽しんできたからどうも気分的に物足りない。
ジェルネイルも色々調べてはみるけど、いいところが見つからない。
シンガポール人の友達達はジェルは高いだけでもたないという印象を持っているくらいこっちの技術は低い。
普通、もちがいいのがジェルのいいところではないのか…?!
それだからなのかこっちではジェルを扱わないマニキュア・ペディキュアのお店がとても多い。
まぁそれなら試してみても害はないかなと思い、挑戦。

行ったのは「Ladyfinger」というチェーンのお店。
スクラブやマッサージのついているマニキュア・ペディキュアプランをチョイス。

ここは他のチェーンに比べてサービスがいいとネットで読んだから選んでみたのだけど、
やっぱり私は日本と比べてしまうからどうしても全体的に雑に感じる…(笑)
マニキュアやってくれている人とペディキュアやってくれている人はめっちゃお互い喋ってるし、
お客さんが苦しくないように自分が動くのではなく、
あくまでも自分がやりやすいように客を動かすし。
幸い私は血が出るとかなかったけど、隣の人は血出てたよ…?
でも、お客さん本人も店員も大して気にせず…(´д`)そんなもんなの?

でも、最初にほんとにこの色で大丈夫かって爪に塗って確認してくれたりするところが
ここのシンガポール人的に評判のいいところなのかなとは感じた。
それに出来上がりにはまぁ満足しているし('∀`)

最後にパッケージの進め方はしつこすぎてイライラしたけども(゚Д゚)
どこにいってもこのパッケージの押し売りみたいなのは凄いみたい。

なかなかおもしろい体験だった。
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-12_18:26|page top

SAVOUR 2013

シンガポールで発行されているフリーマガジン「J+Plus
そこで紹介されていたSavourというイベント。
有名シェフの料理が色々試せるイベントとのことで逃せるわけはない。
当たらなくても自分たちで行けばいいし、申し込んで損はないからさっそく申し込んだら…
当たりました(´▽`)1組2名分のチケットが!

P1030663.jpg

ということで堪能してきたこのイベント。

まずはお金をSavour dollarに変える。
ここでは料理も、マーケットでもこのSavour dollarというもので買い物をすることになる。
このSavour dollarにいくつかデザインがあってそれがまたおしゃれでかわいい。
P1030626.jpg

P1030642.jpg

出ているお店はミシュランで星をとっているレストランや
アジアでもっとも美味しいレストランランキング上位に入っているレストランなど。
私たち夫婦には記念日くらいにしかいけなさそうなお店が屋台のように並んでいるという素敵さ。
P1030655.jpg
写真ではわかりにくいかもしれないけど、
それぞれのお店の前にいくつか食べるスペースがあるという感じ。

それぞれの屋台はこんな感じ↓
P1030658.jpg
ほぼすべてのレストランでシェフ本人が来て調理していた!!

で、私たちが食べたものたちは…
P1030634.jpg
STELLAR@1-Altitude」のラム by Christopher Millar
焼き加減がとにかく最高だった!でも、まぁ想像できる味。
そして真ん中のマッシュポテトが異常なほどに美味しかった。

P1030638.jpg
Gattopardo」のRisone by Lino Sauro
"small rice shaped semolina pasta with red wine braised octopus and bone marrow"
イタリアン好きだから結構色んなところに行っているけど、初めて食べた。
個人的にはこの日に食べた中でもっとも印象に残っている1品。
ここが提供していた他のメニューもイタリアンレストランで見たことないものばかりで
絶対にお店にも行きたい。
お会計のところにいたイタリア人と思われるおねーさんたちが綺麗すぎたのも印象的。

P1030645.jpg
Bo Innovation」のMolecular "Xiao long Bao" by Alvin Leung
2 Michelin Starsのこのレストラン、わざわざ香港からこのイベントのためにやってきたみたい。
シンガポールにないレストランだからかここは凄い行列だった。
小籠包はこの黄色の黄身みたいなのが口の中でプチっと割ると
中からあの小籠包独特の美味しいスープがじゅわ~~~って口の中に広がって幸せでした♪
ちなみに赤いのは生姜で口の中がこれのおかげでさっぱりした。

P1030652.jpg
L'Atelier De Joel Robuchon」のLa Caille by Lorenza Hoja
"free-range quail with mashed potato"
いやいや、この鶉、本当に美味しくて言葉を失いましたよ。
美味しいものはプラスチックのお皿に乗っていても美味しいんだね。
他のお店のものも食べたかったから注文しなかったけど、ここのFoie Grasも試せば良かったと後悔。
あ、マッシュポテトは普通だった。

P1030657.jpg
Gunther's」のCold Angel Hair Pasta, Oscietra Caviar by Gunther Hubrechsen
"Chilled Cold Pasta Flavoured with Truffle and Oscietra Caviar"
これまたこの日最も印象に残っているディッシュの一つ。
口の中で広がるTruffleの味が本当に美味しくて、
そこにキャビアが混ざると更に味が引き立つという絶品パスタ。
ここも実際にレストランに足を運んでみたい。

P1030662.jpg
Astrid Y Gaston」のTraditional Peruvian Seafood Appetiser of Shrimps, Scallops & Octopus by Emilio Macias
2012年のWorld's 50 Best Restaurantsで35位だったこのレストラン。
ここもシンガポールには店舗がないから、ペルーからわざわざ来たらしい。
ポテトと思われるボール状のものの上にホタテ、エビ、タコがのっているこの1品。
このソースがピリッと辛くてシーフードと良く合う。
マヨネーズが使われているけどそうとは思えないほどさっぱりしているし、
シーフードの味もしっかり味わえる。
シンガポールにあればぜひレストランに行ってみたい。

P1030670.jpg
The Tasting Room At Le Quartier Francais」のBeetroot Sponge, Wild Rice and Macadamia Salad, Baobab Yoghurt by Margot Janse
南アフリカからわざわざ来たWorld's 100 Best restaurantsで57位のレストラン。
これ、とっても不思議な食感だった!!
というのもこのスポンジっていうのが泡なんじゃないかというくらいフワッフワッてしていて、
口の中でしゅわーっととろけていくと同時に口いっぱいに味が広がる。
ちなみに真ん中はこんな感じ↓
P1030674.jpg
サラダもBaobabのヨーグルトを使ったドレッシングのおかげなのか凄く美味しかった。

なんとなく、デザートメニューは避けてきた私たちだけど、
一応何か試しておこうということで試したのがこれ。
P1030665.jpg
Mirazur」のHibiscus and Cherry Soup with red fruits by Mauro Colagreco
フランスのレストラン。これまた遥々やってきたらしい。
ベリーがたくさん入っているのは嬉しかったけど、味的には感動せず。

そんなこんなで色々堪能できた!!
1日である意味世界中の美味しいレストランを堪能できるのはすてき過ぎる。
ほんとだったらほんとに全てのレストランで全てのメニューを試したかったけど!
イベント自体は日曜日までやっているからもう1回行きたいところだけど、
この週末はなんだかんだで予定が埋まっている…(´;ω;`)
毎年行われているイベントみたいだから来年も絶対に行くぞ!!
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-11_22:05|page top

たまにはね★



今日は少しだけいいことがあったから
自分へのご褒美?としてシンガポールだと高級ブランドなFrancfrancでお買い物。
前から欲しかったけど我慢していたもの達をGET(^o^)

象のレターホルダーはもう少し考える予定だったのだけど、
ラスイチだったからついっ!(*_*;
こっちでは$24…日本の値段は知りたくない。

あー無職だからしょうがないのだけど、
久々に買い物したな(゜-゜)
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-10_18:21|page top

お墓参り

夫の家族や親戚の方たちとお墓参りに行ってきました。
どうやらこの日?時期?はお墓参りをする期間らしい。

シンガポールのお墓は棚のようだった。
さすがに顔写真までついているお墓の写真を撮るのは嫌だったから撮っていないけど、
こんな感じ↓
210.jpg
※ちなみに画像はココ(Click!)から。
小さい土地のない国ならではの工夫なんだろう。
でも、話を聞く限り土葬か火葬かを選べるみたいだけど。
土葬だとどこに埋められるのだろうか…?

びっくりしたのはこの棚みたいなの、横にどの位置がいくらって値段が書いてある!!
これでは全員に自分の家族がどの値段の場所にいるのかまるわかり…
それは日本人の感覚としてはかなり微妙…
ちなみに上と下に行くほど安く($1500-$2000)、
目の高さにあるところが一番高かった($3000)
さらに外をむいていると(方角なのかもしれないけど)さらに高い($3800)

ちなみに日本みたいに一箇所に全員が集まっているわけではないから、
人によってはこの時期おじいちゃんはあっちのお寺、
おばあちゃんはこっちのお寺…と色々回らないといけないらしい。
それが面倒だと思った夫の家族は一つのお寺に全員を集めたらしい。
でも、隣どおしとかでもないため、結局お寺の中をぐるぐる…(^。^;)

お墓参りは基本、その人が好きだった食べ物や飲み物を持っていき、
その人のお墓の前でそれらをテーブルの上に並べ、お線香をあげる。
さらに偽物のお金やら紙で作ったテレビとか車とかを燃やす。
そうするとあっちの世界でもお金とかに困らないようにという意味らしい。
燃やすものには直前に全員が「○」と書くとのこと。
理由を夫に聞いても知らないというのでその意味は謎…
ちなみに燃やすものにも順番があったりと色々細かい決まりがあるっぽい。

これ、用意するのにはやっぱりお金も時間もかかるから
最近ではチキンライスとかを買ってきてそれだけお供え?するという人が多いらしい。
けれど義祖母は朝から全てを作り(いや、実際作っていたのはメイドさんのMだけど)、
どこもテーブル一つしか使っていないところ2つも使い色々並べていた。
しかもテーブルのどこらへんに何を並べるとかいうのも彼女の中で決まっているらしく、
並べるのにもすっごく時間がかかる…
もちろん冷房がある場所ではないのでその間みんな汗ダラダラで不機嫌になっていく…
私も正直かなり暑さには参った…
家族・親戚一同毎年これには凄く呆れているみたいで
毎年来年こそは少しにすると約束してもらうけど実際はどんどん増えていくのだとか(^。^;)
そして義祖母と時間をずらしてお墓参りをする親戚が増えていくのだとか。
分からなくはないけれど、義祖母のことを考えるとちょっと悲しい。

一連の儀式?が終わったあとはせっかく来たしということでお寺の中を見て回った。
temple (1)
かなりゴージャスな感じ(@_@。
圧倒されるものがあった。
お参りの仕方が謎だったけど、どうやら手を合わせるとことかは同じっぽい。
正式には膝まづいたりするみたいだけど、
今でもそれをやるのは昔からのやり方を貫いている年配の方ばかりみたい。
確かに見ていてもそうだった。

temple (2)
これは写真にも写っている赤い箱にお金をいれ、
この鐘を鳴らすと悪いことから身を守れるとのこと。厄よけ?

そんなこんなで初めてのシンガポールでのお墓参りはなかなかいい体験だった。
まだまだ学ぶことが多い。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-07_17:41|page top

[Resort World Sentosa] Malaysian Food Street

セントーサに用があった帰り、夕飯の時間も近かったのもあり、
食べてから帰ることに。

入ったのは、「Malaysian Food Street」というところ。
Merlionsentosa (8)

建物の中だけど、中に入るとマレーシア料理を扱った屋台がずらりと並んでいる
いわば室内ホーカーセンター。
Merlionsentosa (9)
古い街並みみたいなのを味わえるようになっていて、なかなか歩くだけでも楽しい。
ホーカーセンターって普通外だから暑いのだけど、
ここは室内だからもちろん冷房が効いていて快適(´▽`)

マレーシアの人も多く訪れるシンガポール。
カジノを作った時にこのホーカーセンターを開くためにマレーシア中から人気の屋台を呼んで来たらしい。
やっぱシンガポールってやること大きいなー…

ちなみに私たちが食べたのは、
Merlionsentosa (1)
Char Koay Teow
シンガポールで同じものを頼むと少し甘めのソースとからめてあるのだけど、
マレーシア流のは甘くない!こっちの方が断然私は美味しいと思った。
エビが大きくてぷりぷりだったのも◎
ただ、美味しいのにオイリーな一品だから
油っぽいものを受け付けない私の胃はあまり食べられなかった(´;ω;`)

Merlionsentosa (2)
Cuttlefish Kang Kong
下味がついていると思われるイカとKang Kongという野菜を甘めのソースで炒め、ゴマをかけてもの。
イカの歯ごたえがコリコリとしていて美味しい。

Merlionsentosa (3)
Malacca Chicken Rice Ball
ここのチキンライスはライスがボールになって出てくる!
これは自分が日本人だからなのか自分がおにぎりが大好きすぎるせいなのか
ごはんがこうやって丸くなっていたりするとつい食べ過ぎてしまう…(^Д^)
チキンライスの味としてはまぁ私はどこで食べてもそう変わらないと思っているのだけど、
ここのチキンのジューシーさは過去に食べた中でもダントツだと思う。

Merlionsentosa (10)
これ、名前忘れた。
味としてはトムヤムにどこか似たようなすっぱいような辛いようなという感じで、
鰹節みたいなのがよくきいているような味。
マレーシアに遊びに行ったときにも食べたけど、かなり美味しい。

Merlionsentosa (4)
そしてデザートにice kacang。いわゆるかき氷。
これはココナッツとあずき(といってもこのあずきはあまり甘くない)と緑のJellyがのったもの。
個人的にかき氷は好きじゃないから1口もらってあとは食べるのを見てた(笑)

やっぱりホーカーセンターは色々なものを頼んでシェア出来るからいいね(・∀・)
今回の私たちみたいに最低4人くらいいるとほんと色々楽しめる。

Resort World Sentosaについてはどのガイドブックにも載っているのに
どうしてここのことは載っていないのだろう?
試す価値あると思うんだけどなー…個人的にはかなりオススメ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 グルメブログへ
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-06_21:02|page top

マーライオンだらけ?!

シンガポールといえば、世界3大がっかりスポットとも言われるマーライオン。

私は好きなんだけどね。

実はシンガポールにはいくつかマーライオンがある。

マーライオンパークにあるオリジナル、
どこぞやの公園にある水を吐いていないマーライオン、
そしてセントーサの巨大マーライオン。
まだどこかに隠れていそうだけど(笑)

今日は夫の両親とセントーサに行く予定があったので、
ついでに大きなマーライオンを観てきた。

Merlionsentosa (5)
あまりにもオリジナルががっかりと言われるから
リベンジ?として作ったらしいと言われる巨大マーライオン。
目からはビーム、口からは煙を発する(笑)
煙が出るところを私は見たことがないけれど…
このマーライオンの中は登れるようになっていて、
下には「Merlion shop」があってMerlionグッズがいっぱい♪

セントーサには他にもマーライオンがちらほら…

Merlionsentosa (7)
アニメーションちっくなのから

merlion.jpg
セクシーポーズ?をしてるものから

Merlionsentosa (6)
カラフルなものまで。

こういうアレンジマーライオンを探すのもシンガポールの楽しみの一つかも(*'▽'*)?!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2013-04-06_20:45|page top

Charles and Keith日本上陸

日本経済新聞よりこんな記事発見☆

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

[シンガポール服飾雑貨店、日本旗艦店開業 チャールズ&キース]

オンワードホールディングスは6日、シンガポールの服飾雑貨店「チャールズ&キース」の日本の旗艦店を東京・原宿に開いた。中東やアジアの31カ国に約330店あるファストファッションの人気ブランドとあって、午前10時の開店を前に約100人が行列を作った。

 チャールズ&キースは25~35歳の女性向けに低価格商品をそろえ、毎月約250品目を入れ替える。品ぞろえの6割を5500円前後の靴、3割を7千円前後のバッグが占め、サングラスやベルトもそろえる。

 同店はオンワードとシンガポール企業の共同出資会社が運営。国内では3年で約40店の展開を目指し、横浜や大阪などにも出店を計画している。


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

日本にもオープンしたのね。
Charles and Keithは確かに安くて可愛いし、私も好き(*´∀`*)
カバンのデザインとか色とかがいいんだよね。
靴もかわいいけど、こっちはまだ買ったことない。
友人曰く安い分すぐにダメになるらしいけど…(^。^;)

最近私が一目惚れして買ったのはこのコ↓
charles.jpg

日本だとしばらくは並びそうだね(-_-;)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
comments(0)|trackback(-)|にゅーす*らんだむ|2013-04-06_11:16|page top

[Marina Bay Sands] Au Chocolat

私たちの結婚式で司会をやってくれた友だちJと久々のディナー♪
※シンガポールの結婚式では友人や親戚が司会をやるのが普通で、日本みたいにプロの人に頼むことはそうめったにないらしい。

行ったのは「Au Chocolat」というところ
chocolat (6)

写真を撮り忘れたけど、店内の雰囲気はほんとに可愛らしくて
まさに女子の心が惹かれるような感じ。
一応フレンチとのことだから、椅子とかも若干おしゃれな不レンスのカフェ風。
客層もやっぱり若い女の子かカップりが多い。

Jはここに何度か来ているみたいで、
オニオンスープが美味しいというので注文。
chocolat (5)
確かに美味しい。
オニオンがたーーーっぷり入っているのだけど、とろっとろになっているから
私みたいに玉ねぎ嫌いでもほんとに美味しく食べられた。
またこの玉ねぎで甘くなったスープとチーズが合う!

メインは、
chocolat (1)
夫がDuck Confit。
外のパリパリ感と中のしっとり感はなかなか良くて美味しかったと思う。

chocolat (4)
Jはegg benedict。
これ、egg benedictと違ってbaconの変わりにcrab meatがのっていて、
さらにチーズがかかってないから
そこまで油っぽく感じなくて美味しかったー♪
これはひと皿食べても胃もたれしなさそう!

chocolat (3)
私はsmoke salmon crepe。
これが一番がっかりだったね。
フレンチだしと思ってクレープにしたけど、
まず、写真から分かるだろうか…クレープが甘いクレープのと同じ…
私の中でこういうクレープはそば粉のクレープと勝手に思っているからそこからまず残念。
(実際フランスでフランス人の友達の家で食べた時もお食事用クレープとスイーツ用クレープ分けてたし?)
しかもやたらともっちもち。
私、モチモチした感触大好きだけど、お食事クレープにはちょっと…
そしてディルが混ざったマヨネーズがかかっていたのだけど、これが個人的にはかかりすぎで
このひと皿を食べきるのに苦労した。
なんかマヨネーズに味が奪われていくんだもの。
ここではもう二度とsavoury crepeは頼まないだろうな…。
もはやサイドのバルサミコのドレッシング、ナッツ、ドライフルーツがかかったサラダの方が美味しかった…

ここはスイーツのバリエーションも豊富だから珍しくデザートも注文。
chocolat (7)
JのオススメでFrozen Hot Chocolate
名前に矛盾がありすぎるけど(笑)、これはほんとにチョコレートの味がしっかりしてて
予想していたよりも美味しかったぁ♪

chocolat (2)
Giant Macaronとcookie cheese cake
チーズケーキの方は美味しいけどまぁ想像できる味だった。
上の小さなオレオを付けるためにクリームではなくて、
アイシング(しかもやたらとバターの味)を使っていたのがビミョーだったけど。
Giant macaronの方は中がdark chocolateだったのだけど、
これはなかなか美味しかった。
ほんとに大きいからこのマカロンを3人で分けてちょうどよかったかも?

美味しいものを食べたい時に選ぶお店ではないけれど、
女子会とかでおしゃべりメインで選ぶにはいいお店なのではないかと。
あとは、食事じゃなくてティータイムとしていく分にはいいかも(^v^)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 グルメブログへ
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-04_23:27|page top

[Robertson Quay] Oyster Bar and Gril Wharf

牡蠣が食べたいという夫の希望で前に何かの雑誌に載っていた
Oyster Bar and Gril Wharf」へ

wharf (7)

シンガポールで生の牡蠣か…と若干の不安はあったものの、
食べたい願望には勝てず、生牡蠣でスタート。
wharf (1)
Oyster Platter♪
フランス、オーストラリア、カナダからの3種類を堪能♪
個人的にはビネガーをかけるのが好きだからここでは出てこなかったのが残念。
でもTruffle Oilなるものが出てきたけど、個人的にはいまいち。レモンの方が美味しかった。

wharf (3)
Assorted Appetizer
スパニッシュな感じのアペタイザー
これはほんとに色々乗っててお得感たっぷりだった。
そしてセロリスティックと出てきたサルサソースが手作りなのか市販のなのか分からないけど
異常なほどに私のツボだった。
まさかオイスターバーで理想のサルサに出逢えるなんて…(笑)

wharf (4)
Steamed Oyster with White wine flavour
これはほんとに蒸した牡蠣に最後にちょこーっと白ワインかけた感じ。
全然白ワインの味も香りもしないから個人的にはビミョーだった。
それならもっと生牡蠣食べれば良かったと思ったくらい。

wharf (2)
Oyster and Mushroom Ajillo
牡蠣とマッシュルームのアヒージョ。これは美味しかったーー♪
まぁアヒージョってそうめったに美味しくないもの出てこないけど(笑)
ただ、牡蠣の大きさと入っている量はちゃんとしていたと思う。
たまにこれ牡蠣?っていう大きさだったり入っていてもチマっとしか入ってなかったりするからね…
ここはさすがオイスターバーなだけあってそこはちゃんとしていた。

wharf (5)
Minced Chicken stuffed mushroom
牡蠣ばっかり食べていてお肉が食べたくなったので注文。
まぁこれは想像していたとおりの味だった。
家で作るのにもいいかもーと思ったし。

wharf (6)
stewed beef cheek
ビーフシチューが大好きな夫はビーフシチュー系のメニューがあると頼んでしまう。
私はこの時点でかなりお腹いっぱいだったため、ほんとに一口しか食べなかったけど、
彼は完食していた(笑)
シチュー自身の味は普通だとは思うけど(何か少し足りないと私は思ったから)、
お肉のホロホロ?となる柔らかい感じは良かった!

こんなに食べて飲む人が少ないからなのか、
ここのもう一つの名物、モヒートのただ券を貰ってしまった(笑)
ここのモヒートは100種類以上あって選びがいがあった。
結局、私たちはスパークリングワインを使ったモヒートをチョイス。
wharf.jpg
その名もChampagne Mojito Crush
少し甘く、結構あっさりしていて、最後にはもってこいだった!

最後にはただ券をさらに10枚くらいも頂いてしまいました(笑)
それはもちろんまた行くしかないよね(´▽`)

とりあえずあとは牡蠣にあたらないことを願う。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 グルメブログへ
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*食べるコト大好き|2013-04-03_22:33|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。