☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

レッドリスト

<レッドリスト>絶滅危惧363種増 IUCN公表
(毎日新聞 - 11月03日 20:02)

世界の科学者や政府機関などでつくる「国際自然保護連合」(IUCN、本部スイス)は3日、絶滅が危惧(きぐ)される野生生物は08年より363種増えて、1万7291種になったとする09年のレッドリストを公表した。今回生息状況を調査した4万7677種の36%にあたる。すでに絶滅または野生で絶滅した種も6種増えて875種になり、生物多様性が失われる危機が依然続く状況を示した。

今回の調査で植物の7割、両生類の3割が絶滅危惧種に分類された。主な原因は森林伐採や水質汚染、狩猟などとみられる。80年に1度だけ種子をつける植物プヤ・ライモンディ(パイナップル科)は南米アンデス山脈に自生しているが、家畜による被害や気候変動で絶滅の危機にある。

また、昨年まで絶滅危惧種だった両生類キハンシヒキガエルはタンザニアのキハンシ渓谷にのみ生息していた。だが、上流域にダムが建設されたため激減、さらにカエルツボカビ症で野生絶滅した。

IUCNは来年10月に名古屋市で開かれる国連の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向け、「各国政府は絶滅の危機にある野生生物保護を重要な政策課題にすえるべきだ」と強調。来年までに「生物多様性の損失速度を著しく減少させる」とする締約国の目標は達成できないと指摘した。【足立旬子】


―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*+―

個人的に種が絶滅することが必ずしも悪いこととは思わない。
もちろん人間がもうちょっと自己中心的にならず
気をつけていれば防げた種はたーーーーーーくさんあるだろうけど、
周りの環境に適応して姿・性質を変えた種もいると思うから。
ようするに進化ってこと。

きっと気をつければよかった例としてはシロクマとかなのかな。
シロクマについてはよくクラスメートたちとも話していたことだけど
色々な面で考えても確実に保護をどんなに頑張ってももう間に合わないけど。
(だからシロクマは今のうちに見ておきましょう)

そしてこれは読む人によってはきっと反対意見とかもあるかもしれないけど
保護のためにお金をかけすぎているのはパンダだろうね。
WWFのロゴにもなってしまっているしなんせかわいいからね、
その分寄付は色々してもらえるし得だよね彼らは。
でもちゃんとパンダの知識がある人なら結構同じ意見を持つ人が多い。(もちろん全員ではない)
パンダは絶滅した方がいいかもしれない種の1つ。
なんでって?
パンダの体の構造を知っているだろうか?
パンダが笹を食べることはほとんど誰でも知っていることだろう。
じゃー…彼らの消化器官についてはどうだろう?
彼らはもともと肉食だった動物。
だから消化器官は肉食動物とほぼ同じ構造。
ようするに消化の早い肉用の消化器官をもっているため腸なんかが短め。
なのに消化の難しい植物を食べているということは
ほとんど消化されずに体外へ出ているということ。
数字が確かじゃないけどコースメート曰く20%以下しか消化できていないとか。
でもあれだけ体が大きいからそれを支えていくためには相当な量を食べないといけない。
そしてウサギなんかみたいに消化しきれなかったものを再び食べるために自分の糞を食べる訳でもない。
無駄な部分が多すぎる。
私はパンダは本来、自然淘汰するべき動物だったんじゃないかと思う。
もちろん生息地がなくなっているから数が減っているのは確かだと思うし、
いますぐ全てのパンダにたいする保護活動をやめるべきだとは言わない。
パンダがいなくなることで影響を受ける動植物についても考えないといけないわけだし。
でも、パンダにやたらと力をいれる必要性が本当にあるのだろうか?

今回はパンダに焦点をあてたけど
他の動植物だって同じようなことが当てはまるものが確実にいるだろう。
私の知識はまだまだ勉強不足でそれに追いついていないけども。
こういう風に野生生物の保護っていうのは
ただ数が減っているから守ればいいというわけではないし
色々な観点から考えなくてはいけないから難しい。
でもだからこそもっと考えなくちゃいけないことであって
もっと色んな人に「保護」ってどういうことかをもう1度考えてもらいたいって思う。

あなたはパンダよりも絶滅の危険性の高い虫や爬虫類がいたら同じように保護したいと思えますか?

<リンク>
IUCN Official Site: IUCN Red List of Threatened Species
参考までに: Chris Packham - It is time to let the Panda go?
comments(0)|trackback(-)|にゅーす*あにまる|2009-11-03_23:41|page top

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。