☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

【シンガポール】3月22日

この日は携帯からも更新したけど
個人的にかなり楽しみにしていたSingapore ZooNight Safariへ!!

携帯で更新した時に展示方法もかなり大胆で猿とかは自由に動き回ってるって書いたんだけども
ほんとにオープンズーコンセプトを大事にしているのがよく伝わって来る動物園だった。
*ちなみにオープンズーコンセプトとは動物の生態. 環境から行動までも展示する方法のこと
もちろんそれで猿とかに人がかまれたりするリスクは高くなるかもしれないけど
基本的に動物は怖いものであって触るものではないということとか
子供のいる動物は特にそっと見守るとか
常識のある行動を人がしていればそれは限りなく低いわけで。
もっと他の動物園でもこういう風にしてほしいって本当に思った。

この写真↓を見てみれば分かると思うけどほんとにオラウータンが自由にしてたり、
P11009262.jpg

自由に動き回っているから突然
この距離で子供を連れたワオキツネザル(Ring-tailed Lemur)が見れたり
P1110005.jpg

自由に歩き回らせることが出来ない動物でもこの広さでこんな環境にいるところが見れる
P1100914.jpg
しかもたいていの動物園はオープンズーコンセプトを取り入れていても全動物ではなくて
一部の動物にしか反映出来てないということが多いんだよね。
例えばネコ科の動物にはこのホワイトタイガーみたいな環境が提供されているのに
イヌ科の動物は明らかに檻に入れられているとか。
まぁもちろんお金のかかることではあるから徐々にしか変えられないというのはあるんだろうけども。
でも、ここは徹底して全ての動物がオープンズーコンセプトで展示されているのが本当に凄い。

実際、この環境のせいなのかどの動物園も成功させることの出来ない繁殖に
ここでは成功していたりするんだよね。
それって動物園としての役割を本当によく実行出来ていると思うし、
他の動物園も見習うべき点なんじゃないかな?って私は思う。

この動物園はぜひ色んな人に行ってもらいたい。

この日のお昼は動物園で食べたんだけども、そこで試したローカルフードは…
P1110021.jpg
有名なチキンライス!
いやーこの単純さが本当に美味しかった!!なんというか毎日食べても飽きなさそうとでもいうのかな?
鶏のスープで炊いたご飯も味のせいかどんどん食べたくなるし、
チキンは柔らかくて美味しいし…♪
間違いなく私もチキンライスの魅力にハマったひとりです(笑)

おやつ?にはこんなサンドイッチを試した↓
P1110038.jpg
マーガリンと卵黄とココナッツを主な原料とするカヤジャムが挟んであるだけっていう単純なものなんだけど、
これが意外とあとを引く美味しさなんだよね。
しかも、これと一緒に半熟卵が出て来るんだけど(写真の後ろにチラッと見えるの分かるかな?)、
それをぐちゃぐちゃと混ぜたものに
自分の好みでコショウと醤油をかけて、このサンドイッチをつけて食べる。
このカヤジャムがまたなんか他のフルーツジャムとは違ったいい感じの甘さを持っているのはいいのかもしれない。


動物園を閉館近くまで堪能したあとはすぐ隣にあるNight Safariへ。
でも、そこが開園するまでには時間があったからどこかで時間を潰そうということに。
そしたら動物園の近くにKENKOっていう足専用のスパがあるではないですか!
普段私はスパとかにそこまで興味があるわけではないんだけど
今回はどうしても試したかったんだよね…
というのもここのメインはFish Spaだから!!
シンガポールに来てからあらゆるところでチラチラとみかけててやってみたかったんだよね。
このFish Spaは足の古い角質とかを魚が食べてくれることでつるつるになる
+魚に吸われる?噛まれる?ことによって血行をよくする というもので
本当に魚が大量にいるところに洗った足を突っ込むだけなんだけど…
最初は怖かった…足入れる前からもう寄ってくるから襲われる…って気分になる(笑)
で、足を入れた瞬間本当に自分の足が見えなくなるくらい魚だらけになるし、
あの魚に吸い付かれるような感覚は最初鳥肌がたったけどしばらくして慣れてくると凄く気持いい♪
これは相方さんの足だけどもこんな感じ↓
P1110041.jpg
実際終わったあとはツルツルになるよ!オススメです!

これが終わったあともまだ時間があるものだから外でビールを飲んで開園を待つことに。
P11100582.jpg
象がついているからというだけの理由で選んだ(笑)
やっぱ暑い時に外で飲むビールは最高だね。

Night Safariは基本的にはトラムに乗ってガイドさん付きな感じで回るような感じ。
あとはショーがあったり、ちょっと徒歩でまわれるコースもあったり。
私のカメラでは暗い所の動物は全く撮れなかったから写真がほとんどないんだけどね(; ;)
でも、ここもまたオープンズーコンセプトなのはもちろんだったし
夜動き回っている動物を見るのはやっぱり昼に見るのとは違ってドキドキとしてしまう。
例えばハイエナならこんな感じ↓
P1110075.jpg
夜行性の動物をこういった環境でみると、こっちの方が本来の姿なんだよなーっていうことを実感する。
ほんとにアフリカとかで草原をトラックかなんかに乗ってまわってるような感覚に陥れる。
シンガポール動物園まで行ったならぜひこっちも体験してほしいと思う。

この日は本当に素晴らしい動物園で一日過ごせて大満足だったなー♪
comments(0)|trackback(-)|とりっぷ、ことりっぷ*あじあ|2010-03-22_23:19|page top

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。