☆375logy☆

"Life Is Not Measured By the Number of Breaths We Take, But By the Moments That Take Our Breath Away"

FC2 カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事+コメント

緑を増やす!

ブログが更新されると育つ木。大人の木に成長すると、このパーツを提供してるgremzが実際の森へ苗木を植樹してくれる。

過去ログ

2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【11件】
2014年 07月 【16件】
2014年 06月 【6件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【7件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【15件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【9件】
2013年 08月 【11件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【18件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【19件】
2013年 01月 【15件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【6件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【20件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【16件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【16件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【18件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【21件】
2009年 06月 【23件】
2009年 05月 【19件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【21件】
2008年 11月 【25件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【38件】
2008年 07月 【51件】
2008年 06月 【35件】
2008年 05月 【39件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【35件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【32件】
2007年 10月 【26件】
2007年 09月 【29件】
2007年 08月 【26件】
2007年 07月 【22件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【10件】
2007年 04月 【19件】
2007年 03月 【31件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【25件】
2006年 09月 【29件】
2006年 08月 【29件】
2006年 07月 【29件】
2006年 06月 【28件】
2006年 05月 【19件】
2006年 04月 【27件】
2006年 03月 【32件】
2006年 02月 【26件】
2006年 01月 【32件】
2005年 12月 【29件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【32件】
2005年 09月 【22件】
2005年 08月 【27件】
2005年 07月 【21件】
2005年 06月 【22件】

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

外国人労働者受け入れ検討

日本でこんなことが取り上げられていたのね。
知らなかった。

育児や家事サポートする外国人労働者 受け入れ検討を提言へ」(クリックでサイトに飛べます)

女性の社会進出を後押しするために、経済諮問会議の民間議員は、家事や介護をサポートする外国人労働者を新たに受け入れる検討を始めるべきだとする提言をまとめた。現在は受け入れを認めていない家事代行などの分野でも、外国人労働者の受け入れを検討すべきだとしている。4月2日、NHKニュースが報じた。

(提言によると)少子高齢化による労働力不足が予想されるなかで、国内には育児や介護のために職に就けない女性が220万人以上いると言われていることから、こうした女性の社会進出を後押しする必要があるとして、家事や介護をサポートする外国人労働者を新たに受け入れることを検討すべきだとしています。

(NHKニュース「女性の社会進出へ 外国人受け入れ検討を提言」より 2013/04/02 04:20)
■現状のベビーシッターや家事代行の利用料金は高い
現在の日本で提供されているベビーシッターや家事代行サービスは、利用料金が高いことが指摘されている。

リクルートワークス研究所が2013年11月に発表した提言では、現状の日本の状況について「日本の男性の家事参加率は世界最低水準だが、それを急に高めることは難しい」として、家事・育児の受け皿を産業として整備する必要があると強調されている。

しかし提言では、現状ではベビーシッターや家事代行サービスの利用料金が高く、一般的な家庭では活用が難しいことが指摘されている。首都圏では1時間あたり、ベビーシッターサービス利用料が2000〜2500円、家事代行サービスが3500〜5000円と高額なためだ。リクルートワークス研究所は、コストダウンの方法として、ベビーシッターや家事代行サービスに従事する外国人労働者の受け入れをあげている。

たとえば、シンガポールでは約17万人のシッターや家政婦がフィリピンやインドネシアなどから入国しています。シッターや家政婦を個人が直接雇用し、彼女たちのための特別なビザも存在しますが、日本ではそもそも個人が外国人を直接雇用することはできません。

そこで考えられるのは、人材派遣会社などによる個人宅への家政婦・シッター派遣です。これを可能にして、例えば1時間あたり1500円でシッターや家事代行のサービスが受けられるなら、サービスを活用できる家庭の数は急増すると考えられます。

(リクルートワークス研究所「提案 女性リーダーをめぐる日本企業の宿題」より 2013/11/27)
産業競争力会議の民間議員である長谷川閑史氏も3月19日、経済財政諮問会議・産業競争力会議の合同会議において、ベビーシッターや家事代行サービスが日本で浸透しないのは「利用料金」が原因だとして、税制措置やバウチャー(引換券)等で利用負担を軽減すべきと発言。同時にフィリピン人等による「ナニー」を例に上げ、育児・家事のサポート事業に従事する外国人労働者について、在留資格を与えることも検討すべきと述べている。「13歳のハローワーク」によると、長谷川氏が例に上げたナニーの賃金は時給1000円〜1600円程度だ。

■受け入れが認められていない外国人の単純労働者 インターネットの意見は……
外国人の日本での就労は、現在は研究者、専門職、教育者、ビジネスマン等のいわゆるホワイトカラーか熟練技能労働者などに限られており、いわゆる「単純労働者」の受け入れはできないことになっている。

また、治安の悪化や、日本人の失業の増加のほか、「日本人が就きたがらない仕事に,単に外国人が就けばいいという考えはよくない」など、受け入れに反対する意見もある。

報道を受けて、Twitterには「女性ばかりの負担を増やさず、日本にも早く外国人労働者をもっと受け入れて」や「外国人労働者の規制緩和を」という肯定的な声が上がっている。

一方、エジプト出身のタレント・フィフィさんは「外国人労働者の受け入れよりも、育児の資格保有者が働きやすくする政策を行うべき」と批判。日本の住宅事情にもナニー制度は合わないのではないかとも指摘している。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
これね、もっとしっかり考えた方がいいと私は思う。
なんでって、シンガポールに住んでいて、彼の実家では実際にヘルパーさんとも住んだ経験があるし、
まわりのシンガポーリアンの話も聞いていて日本人の家庭には合わないと思うから。

まず、ヘルパーさんが英語が出来るという前提がそもそもアウト。
出来ない人の方がよっぽど多くて、シンガポールでもしっかり会話できていることは稀。
そして彼らの英語が出来るのレベルは限りなく低い。
だから自分が英語が出来るからといってもヘルパーさんが必ずしも100%理解できるとは限らない。

そして、彼らの多くがインドネシアとかフィリピン出身。
どんなに彼らが丁寧に仕事をしても日本人からしたらかなり雑。

そして、住み込み。
シンガポールではストレージルーム(エアコン、窓なし)をヘルパーさんの部屋とするのが主。
そのスペースがなければリビング、または同じベッドルームで寝ることになる。
こういうの日本人の感覚では無理なんじゃないかなと思う。

よくシンガポールではヘルパーさんがいるから家事が楽で~とかネットでも読むし、話にあがる。
確かに掃除、洗濯、料理全部任せることが出来るけど、問題もたくさんある。
シンガポールではヘルパーさんが物を盗んだり、逃げたり、家主がいない間に男を連れ込んだり、家主の服を着たりとか日常茶飯事。
そいうマイナスの面もしっかり把握しないといけないと思う。
彼らとはそもそもの文化が違うし、物凄く貧しいからこの仕事をしているということを忘れてはいけないと思うのだけど。
どうなるのかな。
comments(0)|trackback(-)|しんがぽーる*らいふ|2014-07-07_13:26|page top

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。